MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

逆SEOとは?検索順位を下げる方法
や誹謗中傷対策など解説!

HOME
逆SEOとは?検索順位を下げる方法や誹謗中傷対策など解説!

インターネット上での悪評によって、売上や集客に悪影響を受けている企業もあることでしょう。検索キーワード「企業名+〇〇」などで悪評が流れている場合、社会的にもイメージがよくありません。

悪評に関する検索キーワードの対策を行いたい場合は、逆SEOを行いましょう。本記事では、逆SEO対策をテーマに解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

逆SEO対策とは?3つの施策方法を紹介!

まずは、逆SEOとは何なのか解説します。

逆SEOとは?

一般的なSEOは、キーワードや良質な被リンク獲得などの施策によって、検索エンジンで上位表示させるための対策です。逆SEOでは、これとは反対のことを意味します。

つまり、逆SEO対策とは、検索エンジンから受ける評価を落として順位を下げることですが、具体的に何をすればよいのか、とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。逆SEO対策の施策方法については、次章で詳しく解説します。

逆SEO対策の施策方法3選

それでは、具体的な逆SEO対策の方法についてみていきましょう。

コピーサイトの制作

検索エンジンでは、同じ内容が公開されているコピーサイトが複数あることで、評価が下がることがあります。コピーサイトを大量に作成するだけでも、一定の逆SEO効果がみられるでしょう。

大量の被リンクを貼る

検索エンジンからの評価を下げるためには、悪質な被リンクを大量に貼ります。具体的な方法としては、前述したコピーサイトを大量に作成し、評価を下げたいWebサイトに対してリンクを貼ります。

該当の検索クエリで上位表示させる

悪評被害を受けた企業は、該当の検索クエリの順位を下げたいと思っているはずです。検索順位を下げるためには、別ドメインで作成したWebサイトを該当クエリで上位表示させればよいです。

逆SEO対策を行う目的は?

企業にとって、悪評被害は集客や売上に大きく影響します。悪評が広まると、インターネット上でも検索されるケースも珍しくありません。すると、検索エンジンではサジェストキーワードとして企業の悪評が表示されることがあります。

特に知名度の高い企業の場合、悪評が検索されることも多く、社会的影響は大きいといえるでしょう。企業にとっては、思いもよらぬ悪評が上位表示されることで、Webマーケティング戦略や今後の方針だけでなく、将来性に悪影響を受けてしまいます。

このようなケースを回避する手段の1つとして、逆SEO対策があります。逆SEO対策を行う目的は、主に次の2つが挙げられます。

  • 検索順位を下げる
  • 企業の信頼回復

悪評や風評被害は、企業の存続にかかわる大きな出来事といえるでしょう。急速にインターネットが普及した現代では、情報の良し悪しにかかわらず、世間が興味を示した情報は拡散される傾向がみられます。

そのため、悪評の検索順位を下げて企業の信頼回復を図るためには、逆SEO対策は1つの手段といえるでしょう。

まとめ:逆SEOの効果が発揮されるまでには時間がかかる!

逆SEO対策によって、すぐに効果を得たいと思いますよね。しかし、一般的なSEO対策では、効果が発揮されるまで約6ヶ月かかることも珍しくありません。そのため、長期的な視点で逆SEO対策を行う必要があります。

そもそも、逆SEO対策の具体的な方法が分からないこともあるでしょう。逆SEO対策についてのご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください