MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

【2021年度最新版】コンテンツSEOとは?
3つのポイントで解説!

HOME
【2021年度最新版】コンテンツSEOとは?3つのポイントで解説!

2021年のSEOでは、ユーザーの顕在・潜在ニーズに応えたコンテンツが必要不可欠です。

そのため、Webサイト運営において、コンテンツSEOは重要な役割を担います。また、2021年最新版のコンテンツSEOは、従来の施策では通用しません。

本記事では、そんなコンテンツSEOの施策について最新の情報を紹介していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

従来のコンテンツSEOは通用しない?2021年で重視すべきポイントを紹介!

コンテンツSEOとは、SEO対策の一環で自社独自の商品を認知してもらうために、検索エンジンで上位表示を目指す施策のこと。主にWebサイトを媒体として活用します。

具体的には、キーワードに対してユーザーが求めている情報を網羅的にコンテンツ内容として含めます。

しかし、従来のコンテンツSEOは2021年では通用しません。その違いについて下表にまとめます。

従来のコンテンツSEO2021年で求められるコンテンツSEO
検索エンジンの評価獲得を目的としたコンテンツ制作が主な施策でした。例えば、無駄な長文記事、過剰なカテゴリー分類、過剰な記事数を公開など。指定キーワードに特化したカテゴリー単位での情報発信が主流。コンテンツ内容もユーザーの顕在・潜在ニーズが合致していなければなりません。

従来のコンテンツSEOは、検索エンジンから評価されるためだけの施策が主流でした。一般的には、例えば、同じような内容を何度も繰り返す長文記事やWebサイト内でさまざまなジャンルのコンテンツを公開するなどの施策です。

従来は、このような施策で十分なSEO効果が得られていました。しかし、2021年ではこれまでのコンテンツSEOは通用しません。検索エンジンに評価されることを目的とするのではなく、ユーザーから評価されるWebコンテンツを制作していくことが求められます。

2021年度最新版!コンテンツSEOの3つのポイントとは?

それでは、2021年にもとめられているコンテンツSEOについて解説していきます。

ユーザーの顕在・潜在ニーズ

コンテンツSEOは、検索エンジンから評価されるだけでなく、ユーザーからも評価を獲得しなければ検索エンジンで上位表示は目指せません。そこで、ユーザーから評価を獲得するポイントとして、下記の2つが挙げられます。

  • 顕在ニーズ:ユーザーが認知している情報のうち求められている内容
  • 潜在ニーズ:ユーザーが気付いていない潜在的情報

ポイントは、後者の潜在ニーズ。コンテンツSEOでは、網羅的に顕在ニーズを満たすことは容易です。しかし、潜在ニーズを見出すことは、マーケターの閃きとセンスが問われます。

エビデンス(根拠)の明示

コンテンツの信頼性に繋がるポイントとして、エビデンス(根拠)の明示が必要不可欠です。コンテンツ内に数値など明記する場合がありますが、その際に根拠となるデータを掲載しなければなりません。

その理由は、E-A-Tが重要なため。E-A-Tについては次で詳しく解説します。

ジャンルやコンテンツ内容によっては正しく数値を明記しなければならないこともあり、行政や各旧官庁などのホームページURLをエビデンス(根拠)として明示することもSEO対策の1つです。

コンテンツのE-A-T

コンテンツSEOの目的は、E-A-Tの施策にも繋がります。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

これらの頭文字を取ってE-A-Tと呼ばれていますが、これはコンテンツの専門性や権威性、信頼性が問われているということがポイントとして挙げられます。つまり、E-A-Tが備わっていないコンテンツは上位表示することさえ難しいといえます。

2021年のコンテンツSEOではE-A-Tが重要ですが、即効性は低いため、長期的な施策が必要になるでしょう。

まとめ:コンテンツSEOを意識してWebサイトを運営しよう!

コンテンツSEOの施策に必要な考え方は、年々変化しています。そのため、リアルタイムのSEO情報を得る必要が重要です。

SEOの流れに追いつくこともマーケター(Webサイト運営者を含む)として必要なスキルといえるでしょう。今回、ご紹介した最新版のコンテンツSEOを理解して施策に取り組んでいただければ幸いです。

SEOコンテンツに関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください