MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

ランクブレイン(Rank Brain)とは?
役割とその仕組みなどについて解説!

HOME
ランクブレイン(Rank Brain)とは?役割とその仕組みなどについて解説!

ランクブレイン(Rank Brain)とは、Googleが開発した人工知能(AI)で、インターネット検索におけるアルゴリズムの1種です。そもそも、人工知能(AI)は、既存情報から機械学習し、独自に発達する仕組みです。

そんな人工知能(AI)を組み込んだランクブレイン(Rank Brain)とは、一体何なのでしょうか。

本記事では、ランクブレイン(Rank Brain)について解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

ランクブレイン(Rank Brain)とは?

ランクブレイン(Rank Brain)とは、コンテンツと検索クエリの関連性について判断する人工知能(AI)技術を採用したインターネット検索アルゴリズムのこと。ランクブレイン(Rank Brain)によって、ユーザーが知りたい情報や関連性の高い情報が、インデックスされているコンテンツのなかから選択されて表示されます。

そのため、SEO対策を行ううえで、ランクブレイン(Rank Brain)の仕組みについて理解することは必須だということがいえるでしょう。

もともと、ランクブレイン(Rank Brain)は2015年に初めて導入されました。これまでに、Googleアルゴリズムコアアップデートを繰り返してきた歴史のなかで、さまざまなアルゴリズムが誕生しました。例えば、下記のアルゴリズムが代表的でしょう。

  • ペンギンアルゴリズム:不正な被リンクを獲得しているWebサイトの駆逐
  • スピードアップデート:Webサイトの表示速度に関するアルゴリズム
  • パンダアルゴリズム:Webサイトで公開中のコンテンツの質について評価

ランクブレイン(Rank Brain)は、このようなアルゴリズムと同様、コンテンツと検索クエリの関連性を評価するアルゴリズムといえます。

ランクブレイン(Rank Brain)の役割と仕組みを解説!

ここでは、ランクブレイン(Rank Brain)の役割とその仕組みについて解説していきます。

ランクブレイン(Rank Brain)の役割は?

ランクブレイン(Rank Brain)の役割は、ユーザーが検索したキーワードからニーズに合致したコンテンツを表示させること。コンテンツと検索クエリは、ランクブレイン(Rank Brain)によるアルゴリズムで紐づけられているということがいえるでしょう。

例えば、キーワード「方法」で検索した際に、方法だけでなく「やり方」という内容でも表示されます。つまり、ランクブレイン(Rank Brain)のアルゴリズムによって、関連性が高いと評価されているのです。

ランクブレイン(Rank Brain)の仕組みは?

ランクブレイン(Rank Brain)によって、ユーザーが検索したキーワードに対するニーズに合致したコンテンツを表示させることができます。その仕組みは、下記のとおり。

  1. ユーザーが検索フォームにキーワードを入力
  2. ランクブレイン(Rank Brain)によって関連するコンテンツを選択
  3. 関連性の高いコンテンツを表示

この仕組みを理解して、SEO対策に取り組むことが重要だといえるでしょう。主に、下記の2つを意識しなければなりません。

  • 検索クエリと関連性の高いコンテンツを制作する
  • ユーザーのニーズを理解する

検索エンジンによる上位表示は、ランクブレイン(Rank Brain)が元となっているため、SEO対策ではその仕組みを理解する必要があります。

まとめ:ランクブレイン(Rank Brain)を理解してSEO対策に取り組もう!

コンテンツと検索クエリの関連性は、ランクブレイン(Rank Brain)のアルゴリズムによる影響が大きいです。そのため、ランクブレイン(Rank Brain)の役割や仕組みを理解することが、SEO対策を行ううえで重要です。

Googleに評価されることも大切ですが、ユーザー満足度の高いコンテンツを発信することに注力してSEO対策に取り組みましょう。

ランクブレイン(Rank Brain)に関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください