MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

ナレッジグラフとは?仕組みと
検索結果に表示させるコツを解説!

HOME
ナレッジグラフとは?仕組みと検索結果に表示させるコツを解説!

Googleの検索エンジンで表示されるナレッジグラフとは、一体何なのでしょうか?その仕組みや役割について、詳しく知りたいことでしょう。まずは、下図をご覧ください。

ナレッジグラフ

赤枠の箇所のように、キーワードに関する画像やテキストで表示された箇所をナレッジグラフと呼びます。本記事では、そんなナレッジグラフの重要性やその仕組み、検索結果に表示させる仕組みなどについて解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

ナレッジグラフとは?その重要性と仕組みについて解説!

ナレッジグラフは、Google検索エンジンにおけるアルゴルズムの1種で、ユーザーの検索体験を向上させる目的があります。冒頭で掲載した画像の赤枠の箇所のように、検索キーワードに関連する情報が、画像やテキストによって集約されています。

ちなみに、冒頭の画像は、Googleの検索エンジンにてキーワード「SEO」で検索しました。

つまり、ナレッジグラフとは、検索したキーワードによって表示された結果において画像やテキストを活用しながらユーザーの検索体験を向上させるGoogle独自の仕組みということ。2012年からGoogleが「ユーザーが有益な情報を探し出せるように」という方針で開発しました。

検索結果にナレッジグラフと表示させるコツを2つ紹介!

検索結果にナレッジグラフが表示されることで、ユーザーがWebサイトを直接訪れなくても情報を獲得できる仕組みが確立されました。その結果、ユーザーの検索体験が向上し、Web集客や売上の向上に繋がっています。

ここでは、そんなナレッジグラフを表示させるためのコツについて紹介します。ポイントは下記の2つ。

  • 構造化データ
  • Googleマイビジネス

それでは、詳しくみていきましょう。

構造化データを組み込む

Webサイトに構造化データを組み込む(マークアップ)ことで、キーワードに関連する情報と紐付きます。

そもそも、構造化データとはHTMLソースコードの持つ意味を検索エンジンに伝える役割を担うタグのこと。構造化データを組み込むことで検索クローラーが巡回しやすくなり、検索エンジン側にも意味が認識されやすくなります。

Googleマイビジネスに登録する

Googleマイビジネスとは、事前に企業情報に関する住所や概要、画像などを登録し、検索エンジン上でアピールできる仕組みのこと。Web集客や売上を向上させたい場合に有効な手段の1つです。

Googleマイビジネスに登録することで、その情報が関連キーワードとして検索エンジンから認識されやすく、ナレッジグラフと紐付けられます。また、ナレッジグラフによるSEO効果だけでなく、効率的なMEO施策にも繋がるためおすすめです。

まとめ:ナレッジグラフを表示させてWeb集客で有効活用しよう!

検索エンジンの結果にナレッジグラフが表示されることで、Web集客だけでなく売上向上にも繋がります。また、Googleマイビジネスとも連動されるため、リアルタイムにビジネス情報を更新できることも大きなメリットといえるでしょう。

今回は、ナレッジグラフの重要性やその仕組みだけでなく、検索結果に表示させるための方法についても紹介してきました。構造化データやGoogleマイビジネスは手軽に利用できるツールですので、この機会に活用・登録されてみてはいかがでしょうか。 ナレッジグラフに関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください