MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

【知っておくべき】アドテクノロジーとは?
仕組みや種類など徹底解説!

集客 HOME-PAGE SERVICE
HOME
【知っておくべき】アドテクノロジーとは?仕組みや種類など徹底解説!

現代のビジネスおいて、多様な宣伝媒体がある広告。それを支える「アドテクノロジー」という仕組みをご存知でしょうか。

本記事では、アドテクノロジーとは何なのか?また、仕組みや種類について解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

アドテクノロジーとは?

アドテクノロジーとは、広告で、収益をメディアと広告主の両者の収益を最大化する目的を達成するための技術。現代はITが発展しており、広告を打つにも多様な手段が存在し、方法も複雑になっています。

その複雑さを簡単にする仕組みに、アドテクノロジーはおすすめ。それでは、収益を上げるためのアドテクノロジーには、どのような種類があるかを次章で詳しくみていきましょう。

アドテクノロジーとはマーケティングに必須の技術!その種類とは?

アドテクノロジーとは広告関連の技術ですが、具体的にはどのような種類があるのでしょうか。

  • 広告主関連のアドテクノロジー
  • メディア関連のアドテクノロジー
  • 消費者の分析関連のアドテクノロジー

このように、主に3つの視点で分類されていますので、順にみていきましょう。

広告主関連のアドテクノロジー

広告主からすれば、使える予算で広告効果がありそうなユーザーに対して最適に配信したいといえます。

その技術が下記のようなものです。

  • DSP:ユーザーに向けて単価が高い広告を配信するためのもの
  • リターゲティング:ユーザーが過去に一度訪れたWebサイトに広告を配信する手段

DSPによって、低コストで売上を上げるための広告配信を自動で行うことが可能。また、リターゲティングによって、同一のWebサイトに何度も訪問するようであれば、広告を何度も見ることができ、認知してもらいやすくなるでしょう。

メディア関連のアドテクノロジー

メディアの立場では、いかに高い単価の広告を掲載できるかという目線があります。そんなメディア側のアドテクノロジーを、下表にまとめました。

種類概要
アドネットワーク広告主がアドネットワークを通じて広告を出稿することによって、複数のメディアに対して一括で掲載できる仕組み
アドエクスチェンジ広告掲載枠を複数のアドネットワークを通じているものであれば、交換できる仕組み
SSPメディア側の収益を最大化させるためのアドテクノロジー

アドエクスチェンジによって、メディア側は広告枠の販路を拡大可能。また、SSPは、自動で単価の高い広告を探してくれます。

消費者の分析関連のアドテクノロジー

アドテクノロジーの最大の目的は広告主とメディアの収益を最大化することが目的。ユーザーの広告に対する行動を分析することで、より収益を上げることができるでしょう。

下記が、ユーザーの広告のターゲッティングなどに関わるアドテクノロジーです。

  • DMP:インターネット上のユーザーなどのビックデータを活用し、どんな属性のユーザーに効果的な広告を配信するかを活用する技術
  • 広告効果測定サービス:ユーザーが広告に対してのアクションをどのように取ったかなどの統計や成果を測定

これらは、今後のアドテクノロジーにおける広告の打ち方を決めるうえでの、重要な指標となるでしょう。

まとめ:アドテクノロジーとは新しい広告配信技術!

今回紹介したアドテクノロジーとは、広告での収益を最大化するための仕組みです。

広告主とメディア、ユーザーの3つの視点に関連したアドテクノロジーが存在します。ぜひアドテクノロジーを利用し、広告収益をさらに拡大させましょう。 アドテクノロジーに関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください