MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

[PC・スマホ別]SEO対策で効果的な
タイトルの文字数を解説!

HOME
[PC・スマホ別]SEO対策で効果的な タイトルの文字数を解説!

SEO対策で、Webページのタイトルの文字数について知りたい方は必見。実は、コンテンツ制作においてSEO上、理想の文字数とその考え方が存在します。

一般的には、SEOに効果的なタイトルの文字数は「35文字以内」といわれていますが、実際はデスクトップ版とモバイル版で異なります。

本記事では、SEO対策で効果的なタイトルの文字数について解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

SEO対策の重要性とは?タイトルの文字数の考え方についても解説!

SEO対策は、検索エンジンの上位表示を目指すために重要な施策の1つ。Webページにキャッチーなタイトルをつけることで、ユーザーの興味を惹き、インプレッションに繋がります

まずは、タイトルの重要性からみていきましょう。

タイトルの重要性とは?

SEO対策において、Webページのタイトルの文字数は重要なポイントです。

その理由には、下記の3つが挙げられます。

  • Webページの入り口
  • ユーザーの目にとまりやすい
  • SEOの評価項目

タイトルはユーザーが初めに目にする箇所であり、インプレッションすることで、Webページへの流入へと繋がります。

そもそも、タイトルはSEO対策の評価項目にも含まれているため、その重要性は高いといえます

上位表示を目指すための文字数の考え方は?

SEO対策で上位表示を目指すためには、Webページのタイトルの文字数について、どのような言及がなされているのか理解しておく必要があります。

Googleの見解を下記にまとめました。

  • ユーザーが理解しやすいタイトル
  • 検索クエリと紐づけるうえで重要
  • Webサイト流入に繋がりやすい内容

詳細については、Googleの公式ホームページをご確認ください。

SEO対策で上位表示を目指すには?評価を得やすいタイトルの文字数を解説!

SEO対策で上位表示を目指すには、検索エンジンから評価を獲得しなければなりません。

その際に、タイトルの文字数は重要なポイントであることは前述したとおりです。

結論からまとめると、下記のとおりです。

  • デスクトップ(PC版)のタイトル文字数は「30~35文字」
  • モバイル(スマホ版)のタイトル文字数は「36~41文字」

それでは、詳しくみていきましょう。

デスクトップ(PC版)のタイトル文字数

デスクトップ(PC版)でSEO対策をする場合、理想とされるタイトルの文字数は「30~35文字」です。

理想とされるタイトルの文字数が「32文字以内」の時期もありましたが、Google検索エンジンの度重なる過去のアップデートの結果、35文字以内というのが正しい見解です。

モバイル(スマホ版)のタイトル文字数

モバイル(スマホ版)でSEO対策をする場合、理想とされるタイトル文字数は「36~41文字」。しかし、スマホとタブレット、iPadなどで表示可能なタイトル文字数が異なる場合があるため注意しなければなりません。

デスクトップ(PC版)に合わせて、タイトルの文字数を「30~35文字」で設定するとSEO対策に効果的です。

まとめ:タイトルの文字数を意識したSEO対策を実施しよう!

今回は、SEO対策で効果的なWebページのタイトルの文字数について解説してきました。

結果的に、「35文字以内」という文字数の範囲でタイトルを設定すれば、SEO対策に繋がります。

本記事でも紹介した、SEO対策で効果的なタイトルの文字数と同様の考え方で、「メタディスクリプション」という仕組みが存在します。

詳細については、こちらをご確認ください。

SEO対策におけるタイトルの文字数に関連するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください