MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

最新のjQueryのバージョンは3.5.1
何が変わったのか?

HOME
最新のjQueryのバージョンは3.5.1 何が変わったのか?

(2020年9月時点)
最新のjQueryの更新では、何が変更されたのかを紹介します。
また、過去の1.X系と2.X系の違いやjQueryのタイプについても解説しています。
これを読めばjQueryについてより詳しくなれますよ。
ぜひ最後までお読みください。

最新のjQuery

ホームページ制作では、主にサイトに動きを付けるjQuery。

 jQuery はバージョンのリリースとアップデートを重ね、今の最新バージョンは3.4.1です。

最新のjQueryのバージョンリリース・アップデートでは何が変わったのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

最新jQueryの変更点

最新バージョン3.5.1を含めた3.X系には主に次のような変更点がありました。

サイズ設定の改善 

要素の幅や高さを設定する時に壊れることがなくなりました。効率良くレイアウト計算ができるようになり、修正されました。

ラジオボタンの修正

ラジオボタンが修正され、イベントハンドラ実行前に更新が施されるようになりました。

nonceやnomoduleを考慮 

script要素を追加して読み込む時に、nonceやnomoduleが考慮されるようになりました。

ポジションセレクターを非推奨に

セレクタエンジンSizzleの不要に伴い、一部のポジションセレクターが非推奨となりました。

脆弱性の改善

特定のコードにより受ける汚染攻撃が防止されるようになりました。

1.X系と2.X系の違いは?

2.X系から3.X系への変更点は分かりましたが、1.X系と2.X系の違いは何だったのでしょうか。
3.X系の新バージョンがリリースされても、昔のバージョンがなくなるわけではありません。

1.X系と2.X系の大きな違いは対応ブラウザです。
2.X系は新しいブラウザにしか対応していませんが、1.X系は古めのブラウザにも対応しています。

こう聞くと「1.X系の方が良いのでは?」と思うかもしれません。
しかし、対応ブラウザが多いとファイルが大きく、読み込みが遅くなります。

しかも古いブラウザは使われなくなっていきます。
そのため多くの場合、最新のブラウザに対応していて読み込みの早いほうが、役に立つのです。

2.X系と3.X系の違いは設計的なものでしたが、1.X系と2.X系の違いは対応ブラウザの違いでした。

バージョンとは違う、jQueryのタイプとは

jQueryにはバージョンとは他にタイプというものがあります。

jQueryのファイル名の最後に注目するとタイプが分かります。
タイプは4つで、違いは以下のようになっています。

.js

ソースコードが見やすいですが、普通は使用しません。

.min.js

ソースコードの改行やスペースを省いて、見やすさよりもファイルを小さくすることが重視されています。

.slim.js

AnimationやAjaxなどが省かれています。ソースコードは見やすくなっています。3.X系だけにあります。

.slim.min.js

.slimのソースコードの改行やスペースを省いて軽量化したものです。.slimを使うときはこれを使います。

jQueryはなるべく小さいファイルのものを使いたいので、基本的には軽量化されている.minのタイプを使います。
また、3.X系がリリースされて初めて.slimができました。

jQueryはこれからも更新される

3.X系のバージョンリリースとアップデートは4.X系への準備とも見られています。 
jQueryは今後、より使いやすくなるでしょう。

次のバージョンリリース・アップデートも楽しみです。

最新のjQueryを使ったホームページ制作はノキボウ株式会社にお任せ下さい。

群馬県高崎市のホームページ制作会社 ノキボウWEB

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください