MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

WEBと紙のコピーライティングの違い、
明確な違い5種をわかりやすく紹介

HOME
WEBと紙のコピーライティングの違い、明確な違い5点をわかりやすく紹介

WEBと紙のライティングには違いがある

スマホやPCで見る記事と、雑誌や新聞で見る記事には様々な違いがあります。

それぞれに特徴があるということは、ライティングをするときに同じように書いていては特徴に順応できません。
だから、ライティングの仕方や心がけを変える必要があります。

ここではWEBと紙のライティングにどのような違いがあるのかについて説明します。
この記事を読めば、WEB、紙どちらのライティングについても必須の知識を得ることができます。
ぜひ最後までお読みください。

WEBと紙のライティングでは何が違うのか?

WEBと紙の記事の違いは次の通りです。
またそれぞれの違いを踏まえて、WEBライティングの際に気をつけることを解説しています。

1.情報量の違い

WEBと紙ではまず情報量が違います。

雑誌や新聞では文字数の制限があり文字数が多すぎると場所を取るため、情報を多くを記載できません。

対してWEBでは文字数の制限がありません。
好きなだけ書くことができます。
ただし、だらだら書いていては読者も飽きてしまいます。

その記事にあったほどよい文字数・情報量を考えることが大切です。

2.どこまで深く読まれるか、の違い

WEBと紙の記事では読者の読み方も違います。

雑誌や新聞の読者には、割と読むことが好きで読むこと自体を楽しんでいる人が多くなります。
そのため、紙の記事の読者は記事を最後までしっかりと読む傾向があります。

しかし、WEBの記事はほとんどの場合しっかり読まれません
なぜなら読者は情報を得ようとしているからです。
どれだけ短い時間で簡単に情報を得られるかを重視しています。

そのため、WEBのライティングをするときは結論を最初に書きます
結論を先に書き、その後に読者の興味を引いてどれだけ読んでもらうかという戦いになります。

3.情報の広がりやすさの違い

WEBと紙では情報の広がりやすさも違います。

雑誌や新聞は買うか、読んだ人から教えてもらうかしないと、情報を得られません。

しかし、WEBの記事は簡単に世界中に広まります。
URLを共有すれば誰でも簡単に情報が得られます。
つまり、WEBのライティングの際にはいかに共有されるかが大事になります。

そのため、誰にでもわかりやすく、有益な記事にする必要があります

4.信頼性の違い

紙の記事の方がWEBの記事よりも信頼性があると思われがちです。
それは公開までの作業に違いがあるからです。

雑誌や新聞は何人ものチェックを経て発行されます。
もし間違った情報ばかり提供していては、その会社の価値は下がってしまうからです。

対して、WEBの記事は誰でも簡単に公開できます。
1人で簡単に情報を公開できてしまいます。
そのため、紙の記事に比べると信頼性を欠きます。
WEBライティングの際には、その信頼性の部分を補う必要があります

出典や情報元、ライターや会社の経歴を記載・証明すれば、ないよりかは信頼を得ることができます。
そうすれば読者も安心して記事を読めます。

5.SEOを意識するか、の違い

最も大切な違いはこれかもしれません。
SEOを意識するかしないかの違いです。

紙の記事にはそもそもSEOなどありません。
本屋やコンビニに並べばほぼ平等に読者の目にとまります。

しかしWEBの世界は違います。
検索して上位表示されなければ、読者に全く読まれません。
その記事が存在していても、存在していない同然に扱われてしまいます。

そのため、WEBライティングの際にはSEOを必ず意識します。
ライターのSEOの知識によって、記事の運命は左右されます。


ライティングにお困りの場合は、ノキボウWEBにご連絡ください。
対応できる業種や量にも限りがございますが、御社にふさわしいライティングのご用意を試みますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

群馬県高崎市のホームページ制作会社 ノキボウWEB

 

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください