MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

USPとは?意味や考え方・
3つの作り方ポイントについて解説!

HOME
USPとは?意味や考え方・3つの作り方ポイントについて解説!

ビジネスにおいて、自社がどのような面で優れているかを把握するためにUSP (Unique Selling Proposition)という概念が存在します。

本記事では、USPをテーマに解説しています。USPであるべき条件や作り方のポイントについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

USP(Unique Selling Proposition)とは?意味や考え方について詳しく解説!

そもそもUSPとは何なのでしょうか?ここでは、意味や考え方について、詳しく解説していきます。

USPとは?

USP とはロッサー・リーブスが提唱したマーケティング概念で、「Unique Selling Proposition」の頭文字をとったマーケティング用語です。

それぞれの文字の意味は、次のとおりです。

  • Uninque:独特・唯一
  • Selling:販売の手段
  • Proposition:提案・計画

つまり、USPとは、自分の会社の商品やサービスが独自に持っている強みのことです。ただし、ここでいう強みとは、単に商品やサービスの優れている部分のことではなく、自社の商品・サービスを提供する相手に対して自社だけが約束できる強みを意味します。

USPであるべき条件とは?

提唱者であるロッサー・リーブスは、USPであるべき条件として以下の3つを定めています。

  • 消費者に対しての提案
  • 独自のものである
  • 強力・強烈な提案

そのため、自社でUSPを構築する場合は、この3つの条件をクリアしていなければなりません。

USP(Unique Selling Proposition)の作り方とは?3つのポイントで解説!

次に、USPの作り方についてみていきましょう。ここでは、3つのポイントで紹介しています。

自社の強みを理解する

USPを作る際に、まずは自社の強みを把握しておきましょう。

そもそも、自社の強みを理解していない企業が、商品・サービスの提供先に対してアピールすることはできません。そのため、まずは自社の強みを理解することが最初のポイントといえるでしょう。

消費者にアピールする方法を検討する

USPを作る際に、自社の強みを理解したら、消費者にアピールする方法について検討しましょう。

そもそもUSPは他社との違いをアピールする概念ですが、どのようにして商品・サービスを提供するのか検討することも重要です。その際に、ターゲティングも重要ですが、方法についても吟味して、効果的なマーケティングが展開できるようにすることも意識しましょう。

USPとして強烈なメッセージを組み立てる

USPであるべき条件の1つに、「強力・強烈な提案」が挙げられます。

どんなに商品・サービスが優れていて魅力的に感じられるとしても、それが消費者に伝わらなければ意味がありません。そのため、消費者に響くような強烈なメッセージを組み立てることもポイントといえます。

ただし、メッセージの内容が言葉の響きだけを意識したUSPを構築しても、自社の強みを上手くアピールできません。

まとめ:USPを理解して強みを活かしたマーケティングを実践しよう!

マーケティングで成功するためには、USPという概念を理解する必要があります。

今回は、USPについて詳しく解説してきましたが、現代のマーケティング市場ではUSPを活かした手法が効果的といえるでしょう。しかし、USPの構築が難しいケースもありますよね。USPについてのご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください