MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

行ってみたくなるスポーツジムサイト5選!
まずは無料体験に来てもらおう

HOME
行ってみたくなるスポーツジムサイト5選!まずは無料体験に来てもらおう

手軽に運動できるスポーツジムは近年人気が高まっています。
そしてスポーツジムを探すときには「スポーツジム 群馬」「前橋 スポーツジム」と探す人が多いようです。
検索したときサイトがあるかないかによって集客には大きな違いが現れます。

本記事では参考になるスポーツジムサイト5選を紹介します。
スポーツジムサイトの制作・改善を考えている人はぜひ参考にしてください。

スポーツジムサイトの目的

まず、スポーツジムサイトの目的を紹介します。
目的を明確にしないと、サイトの成果を確認できなくなってしまいます。

「見学・無料体験したい」というお客さんを増やす

サイトの一番の目的は「スポーツジムの見学・無料体験をしたい」というお客さんを増やすことです。
スポーツジムの決め手はやはりジムの雰囲気が自分に合っているか、楽しく通えるかということです。

ジムの雰囲気を一番簡単に伝えられるのは写真です。
大量の文字で説明するよりも一枚の写真を掲載したほうがわかりやすくなります。
そしてサイトの雰囲気から自分に合ってそうだなと思えば「見学・体験をしたい」と思います。
見学・体験をしてイメージと合えば通うことになるでしょう。

料金案内も掲載しますが、料金はその人の価値観も関係するので、やはりジムの雰囲気を伝えるということがサイトの役割です。

キャンペーン・サービス情報を長期的にPR

新規顧客を増やすだけでなく、リピーターを増やすこともスポーツジムサイトの目的です。
そのためにはキャンペーンやサービス情報を長期的にPRすることが大切です。
サイトを設置することでWeb上に継続的に広告を貼っているような状態となります。

スポーツジムサイトで重要なコンテンツ

重要なコンテンツは次の通りです。

  • サービス内容
  • 入会・料金案内
  • お客様の声
  • 施設紹介
  • よくある質問

サービス内容

ユーザーがスポーツジムでどのようなサービスを受けられるのかわかることが重要です。
フィットネスジムならば受けられるサービスや通い方、パーソナルジムならば指導方法がわかるよう情報を掲載します。
サービス内容はお客さんが最も知りたいメインコンテンツなので写真も豊富に使ってイメージが湧きやすいようにすると効果的です。

入会・料金案内

入会・料金案内は必ず掲載しておきましょう。
入会案内は図やイラストを、料金案内は表を使うとわかりやすくなります。
料金案内は比較されやすいところなので、比較対象になりそうなところはわかるようにしておきます。

お客様の声

スポーツジム目線からの情報ではやはり押し付け感があるので、実際のお客様の声も掲載します。
ユーザーと同じ目線の声を知ることができ、成功体験からは前向きなイメージを得られます。

施設紹介

写真で施設紹介をしましょう。
サイトの目的は見学・無料体験に来てもらうことなので、施設がどのような雰囲気なのかわかるようにすることが重要です。

よくある質問

よくある質問はユーザーが疑問を抱きやすい点について情報を提供できます。
さらに、サイト上のスペースの問題で掲載できなかった情報を簡単に付け加えられるコンテンツにもなります。

行ってみたくなるスポーツジムサイト5選

ここでは行ってみたくなるスポーツジムサイト5選を紹介します。
デザインやレイアウトのイメージを膨らませてみてください。

スポーツクラブメガロス

スポーツクラブメガロス

ブルーやピンクのライン・イラストが爽やかで清潔感のある印象です。
動画コンテンツやキャンペーン情報など、ユーザーが興味を引きそうな内容が最初に目に入るレイアウトになっています。

グランサイズ

グランサイズ

黒を基調としていてクールであり、高級感のある施設とマッチしたサイトとなっています。
スタイリッシュに鍛えたい男性に特に響きそうなデザインです。
店舗ごとに情報が詳しく通うイメージが湧きやすくなっています。

GOPANDA GYM

GOPANDA GYM

赤色を使っていて情熱的・エネルギッシュな印象を受けるサイトです。
ファーストビューのキャッチコピーも心に響きますね。
スクロールするだけで必要な情報が得られる見やすいレイアウトです。

Bare Hands Climbing Gym

Bare Hands Climbing Gym

こちらはクライミングジムのサイトです。
実際のクライミングウォールの写真が多く掲載されていて、「挑戦してみたい」という気持ちになります。
施設内の様子も大きな写真でわかりやすく、写真の重要性がわかります。

ヨシダジム

ヨシダジム

目的別のコースが用意されていることがわかり、トレーニング内容も具体的でイメージが湧きやすくなっています。
LINEで気軽に問い合わせができることも魅力です。
ゴールドを使って高級感もあり、画像が多くジムの様子がよくわかるサイトです。

まとめ:スポーツジムサイトで集客しよう

本記事では参考になるスポーツジムサイトを紹介しました。
近年スポーツジムの店舗数は増えていて街中でよく見かけるようになりました。
そのため競争が激化すると考えられ、集客は難しくなっていきます。
スポーツジムサイトを制作・改善してより効率的な集客を図りましょう。


行ってみてくなるスポーツジムサイトの制作・改善はノキボウ株式会社にお気軽にご相談ください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください