MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

Photoshopの新機能「スーパー解像度」とは?
AIが画像補完し解像度を上げる!?

HOME
Photoshopの新機能「スーパー解像度」とは?AIが画像補完し解像度を上げる!?

ホームページ制作に必須の画像編集ツール「Photoshop」では、「Camera Raw」というプラグインを使用できます。
「Camera Raw」は画像の明るさやコントラストを一画面で編集できることが魅力です。
RawファイルはもちろんのことJPEGやPSDに対しても使えます。
2021年3月には「Camera Raw13.2」がリリースされ、「スーパー解像度」という新機能が追加されました。

そこで本記事ではPhotoshopの新機能「スーパー解像度」がどのような機能なのか、いつ使うといいのか、などを説明していきます。
ホームページ制作・画像編集に興味のある人はぜひご覧ください。

スーパー解像度とはどのような機能なのか?

「スーパー解像度」は一言でいうと、画像の解像度を上げる機能です。
画像の縦横の解像度をそれぞれ2倍に、全体で見ると4倍の解像度に変更できます。

例えば1200px × 800pxの画像で「スーパー解像度」を使うと、2400px × 1600pxの画像となります。
画像をより滑らかに鮮明にすることが可能です。

AI・機械学習によって擬似的に解像度を上げているので、元から高解像度の写真と比べると劣ってしまいますが、「もう少しきれいな画像にしたい」というときに便利です。

スーパー解像度はいつ使うの?

「スーパー解像度」は次のような場合に活躍します。

  • 被写体が遠いとき
  • 解像度の低いカメラで撮影したとき
  • 一部を切り取って解像度が低くなったとき

被写体が遠いときはどうしてもぼやけてしまいますが、撮った写真に「スーパー解像度」を用いれば遠い被写体でも鮮明化できます。
解像度の低いカメラで撮った写真をもっと鮮明にしたいときにも活躍します。

また高解像度の写真でも、一部を切り取って拡大すると、解像度が低くなりぼやけてしまうことも。
「スーパー解像度」を使えば画像を切り取っても、高い解像度で滑らかな画像にできます。
ほかには写真を使って大きな紙広告を印刷したいときにも使えそうです。

スーパー解像度の注意点

画像を高解像度にできて、さまざまな場面で使用できる「スーパー解像度」ですが注意点もあります。

ファイル画像が重くなる

画像は解像度を上げると重くなります。
だから「解像度は高いほうがいいから」という安易な理由でホームページ内の画像に「スーパー解像度」を使いすぎるのはおすすめできません。

最終的に紙に印刷するような場合はいいですが、ネットで公開するホームページに画像を使う場合は、重くなって開くのに時間がかかってしまう可能性があります。
あくまで気になる箇所に使う、という程度にとどめておきましょう。

対応拡張子は3つ

対応している拡張子は以下の3つです。
PNGやGIFには対応していないので注意してください。

  • JPEG
  • TIFF
  • RAW

まとめ:スーパー解像度で簡単に画像を鮮明化

本記事では2021年3月に追加されたPhotoshopの新機能「スーパー解像度」を紹介しました。
最も多いと考えられる使い道は、画像を一部切り取って拡大したいときです。
「ぼやけるのが気になる」「もう少し鮮明にしたい」というときに簡単に使える機能なので、ホームページ制作を考えている人は頭の片隅に入れておくといいかもしれません。


ホームページ制作・デザインはノキボウ株式会社にお気軽にご相談ください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください