MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

Photoshopの新機能「ニューラルフィルター」とは?
人の表情を自動で変えられる機能

HOME
Photoshopの新機能「ニューラルフィルター」とは?人の表情を自動で変えられる機能

ホームページやネット広告の制作で、よく利用される画像編集ツールPhotoshop。
年々更新されていて、新機能が追加されるとたびたび話題となります。
「ニューラルフィルター」も「空を置き換え」とともに、2020年10月に追加された新機能です。

そこで本記事ではPhotoshopの「ニューラルフィルター」がどのような機能なのか、使い道について解説していきます。
画像編集に興味のある方はぜひご覧ください。

「ニューラルフィルター」はどのような機能?

「ニューラルフィルター」は簡単に言うと、あらゆる画像編集や修正を自動で行ってくれる機能です。
主に人の顔・表情の編集に使われます。
真顔な表情の写真を笑顔にしたり、肌のシミをほぼ見えないようにしたりすることが可能です。

手動だと細かくて何時間もかかる作業を「ニューラルフィルター」ならごく簡単な操作・短時間で済みます。
AdobeのAIシステム「Adobe sensei」、機械学習を駆使した機能となっています。

「ニューラルフィルター」はどのような編集に使うの?

Photoshopの「ニューラルフィルター」はさまざまな用途に使えて、主に次のような画像の編集・修正に便利です。

  • 肌のシミやシワを目立たないようにする
  • 表情を変える
  • 年齢を変える
  • 視線・照明の向きを変える
  • 画像に霧をかける
  • 白黒写真を自然なカラーに

肌のシミやシワを目立たないようにする

肌のシミやしわを簡単な操作で消して、肌をきれいに見せることができます。
ボタン一つでなめらかに肌の質感を保ったまま編集できます。

表情を変える

顔の表情は笑顔・驚き・怒りの3種類で編集できます。
それぞれを-50~50の数値で調整でき、好きな表情に自然な変更が可能です。

年齢を変える

人の肌にシワやたるみを加えることで老けた顔にしたり、逆に若い顔にしたりもできます。
毛量の調整も簡単です。

視線・照明の向きを変える

視線や照明の向きを変えることで、横を向いている人の写真を正面向きの写真にナチュラルに編集できます。
一枚の画像だけで顔の向き・当たる照明の向きを自由自在に変更できるのはとても便利です。

画像に霧をかける

「ニューラルフィルター」は人の顔写真だけでなく、風景写真にも使える機能が多くあります。
「深度に応じたかすみ」では画像の一部、または全体に霧をかけられます。

白黒写真を自然なカラーに

白黒写真に「カラー化」を使えば、AIが元の色を予測して違和感のない自然なカラー写真にできます。

「ニューラルフィルター」には他にもさまざまな機能があって、複雑で細かい編集を簡単にできるようになりました。
ただしイラストの顔写真には適用できないので注意してください。

まとめ:「ニューラルフィルター」で画像編集・修正をより簡単に

本記事では2020年10月に追加されたPhotoshopの新機能「ニューラルフィルター」を紹介しました。
ホームページやネット広告の制作で使う写真を選定する中で、「この写真イマイチだな」と思ってもすぐに候補から外してしまうのはもったいないです。
「ニューラルフィルター」を使えば複雑な編集・修正も簡単にできるからです。


ホームページ制作・デザインはノキボウ株式会社にお気軽にご相談ください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください