MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

音声検索にも最適化な制作が必要!?
ポイントとなるVSOについて解説!

HOME
音声検索にも最適化!?ポイントとなるVSOについて解説!

インターネットで調べ物をするときに、多くの方はキーワードで検索をすることが多いでしょう。

しかし、近年はこのキーワード検索以外に、音声による検索も世界的に増えているということはご存知でしょうか。

本記事では、そんな音声検索が増えている背景と、今後のWebサイトを作成するポイントである音声検索の最適化について解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

音声検索とは?音声検索の最適化が注目されている理由について解説!

音声検索とは、身近なものでSiriや、Google Assistantで検索すること。Googleによると、全検索に占める音声検索の割合は約20%となっている調査結果が出ています。

すべての検索行為のなかで5分の1を占める要因は、その便利さが由来しているとみられており、「ながら」操作が簡単にできるなどのメリットがあるためでしょう。

例えば、朝の忙しい時間帯に今日の天気やニュースを聞いて出勤したり、調理中にタイマーをセットしたりと、活用の幅は意外と多いです。音声検索の技術が発展すれば、将来的にもっと活用する方も増えてくるでしょう。

また、音声検索の最適化であるVSOも重要な要素です。

VSO=「Voice Search Optimization」=音声検索最適化

VSOとは、会話調で検索することで、欲しい情報にアクセスさせるための最適化のこと。そのため、「~ついて教えて?」「~とは?」といった言葉に合わせて対策していく必要があります。

音声検索の最適化の方法とは?VSOで抑えておきたいポイント5選!

音声検索の最適化によるVSO対策で、今後重要なポイントは、下記の5つです。

  • タブレットやスマホを意識したデザイン
  • ページ応答速度が速い
  • セキュリティ対策が取られている
  • Q&Aが設置されている
  • コンテンツにローカルな内容を増やす

それでは、詳しくみていきましょう。

タブレットやスマホを意識したデザイン

音声検索は、スマホやタブレットなどのモバイル端末で行われることが多いです。

そのため、これらの端末でアクセスしやすいデザインのページであることが重要。モバイル端末で閲覧したページが操作性の高くなるような工夫をしなければなりません。

ページ応答速度が速い

音声検索は、会話を聞いてから回答するまでにタイムラグを生じさせないことが求められています。

そのため、応答速度をあげて音声検索の最適化を図るためには、下記の2つの対策が有効です。

  • 無駄な画像を減らす
  • JavaScriptを見直す

音声検索の最適化におけるページ速度の改善方法は、他にもいくつかありますが、まずはこれら2つの対策に取り掛かりましょう。

セキュリティ対策が取られている

SSL化が完了しているWebサイトは、比較的安全性が高いサイトであるとみなされることが多いです。

音声検索に最適化させるためにも、ホームページを作成する場合はSSLなどの暗号化機能を設定しましょう。

Q&Aが設置されている

音声検索では、「~とは?」「~ついて教えて!」などのような会話のように検索を行うことが多いです。

そのため、Q&Aを掲載することで、このような会話調の質問に反応しやすくなるでしょう。

コンテンツにローカルな内容を増やす

音声検索では、身近な場所について検索することも意外とあるでしょう。

「○○の天気を教えて」「□□への行き方」というように検索することが多いため、場所についての情報を掲載しておくことで、検索上位を狙えます。

まとめ:音声検索の最適化は将来性アリ!VSO対策を抑えましょう!

今回は、音声検索の最適化について紹介しました。

音声検索は、Googleの調査によると全検索結果の20%を占める割合であり、今後の技術の発展などの要因でより伸びていくだろうといわれています。

そんななかで、音声検索最適化であるVSOが近年注目を集めており、今後はVSOのポイントを押さえてWebサイトのコンテンツを作成していくことが求められるでしょう。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください