MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

Web3.0とは?
仕組みと注目されている理由を解説!

HOME
Web3.0とは?仕組みと注目されている理由を解説!

2007年に登場した暗号資産業界以降、分散型ネットワークが注目され、ついにWeb3.0の時代が到来しました。

本記事では、注目のWeb3.0の仕組みについて解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

Web3.0とは?従来のネットワークとの違いを解説!

Web3.0とは、分散型ネットワークの仕組みを取り入れた考え方のこと。1990年代以降、Microsoft社のWindowsをはじめ、Apple社のMacなど数々の仕組みが誕生しました。

そして2000年代に入り、Googleの台頭によって、インターネットが企業だけでなく一般家庭にも普及しました。このような歴史からみても、インターネット業界は著しく発展しているといえます。

今回誕生したWeb3.0という考え方は、Web2.0以前に主流だったWeb1.0の仕組みがもとになっています。それでは、Web1.0やWeb2.0、そして今回のテーマでもあるWeb3.0は、何が違うのでしょうか。その概要を、下表にまとめました。

ネットワークの種類概要
Web1.0wwwをベースとし、シンプルなテキスト情報を発信。ダイヤルアップにて接続していた。
Web2.0GAFAなどのテック企業の台頭により、インターネットが一般化した。
Web3.0ブロックチェーン技術を基盤とした分散型ネットワークの仕組みが確立した。

Web3.0の仕組みとは?

Web3.0の仕組みは、ブロックチェーン技術を用いた分散型ネットワークが基盤となっています。

しかし、これだけでは難しいと感じる方もいることでしょう。Web3.0の仕組みを理解するには、暗号資産の仕組みを理解する必要があります。

暗号資産の仕組みとは、「分散型」の考え方が軸となっています。例えば、大手の検索エンジンといえばGoogleが挙げられますが、それはGoogleというテック企業がインターネット業界の中央集権者として君臨しているため。これを分散型で考えると、中央集権者が存在せず、個々のユーザーが権利を分散して管理しているという仕組みに例えられます。

つまり、分散型ネットワークによって、個々のユーザーがインターネットを管理し、運営していくということ。例えば、Web3.0ブラウザの「Brave(ブレイブ)」もその1つです。

Web3.0が注目されている理由とは?

Web3.0が注目されている理由の1つに、ブロックチェーン技術が挙げられます。

ブロックチェーンとは、正しい情報としてまとめられたブロックを次々と繋げていくことで、整合性を担保する技術のこと。情報を精査し、承認する採掘(マイニング)者によってブロックチェーン技術が保たれています。

それでは、なぜWeb3.0がブロックチェーン技術によって注目されているのでしょうか。

その理由は、Web3.0最大の特徴でもある分散型という仕組みが、ブロックチェーン技術によって担保されているため。つまり、ブロックチェーン技術なくして、Web3.0の発展はないということです。

まとめ:Web3.0を分散型ビジネスの起点にしよう!

今回は、Web3.0について解説してきました。

Web3.0の仕組みをビジネスに取り入れる企業が、世界的に急増しています。すでに、GoogleやApple、Meta(旧Facebook)などの大手テック企業はWeb3.0の参入を表明しており、将来性が期待されています。

まだまだ未知数のWeb3.0ですが、ビジネスの起点になるよう弊社としても取り組んでまいります。具体的なサービス提供時には別途お知らせとしてアップしてまいります。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください