MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

【YouTubeショート】収益化の条件とは?
報酬の受け取り方など解説!

HOME
【YouTubeショート】収益化の条件とは?報酬の受け取り方など解説!

YouTubeショートを収益化するためには、いくつかの審査要件や条件が存在します。

本記事では、YouTubeショートを収益化する条件や受け取り方などについて解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

YouTubeショートとは?収益化の仕組みを解説!

2021年7月以降、YouTubeショートでは、収益化が可能です。

ここでは、収益化の仕組みについて解説しています。

YouTubeショートとは?

YouTubeショートとは、Googleが提供する動画共有サービスの1つ。再生時間がYouTube動画より短く、縦型の動画で閲覧する仕組みは特徴的です。

また、スクロールするだけで次の動画が自動再生されるなど手軽さも魅力的で、収益化を目指すクリエーターの方も数多く存在します。

YouTubeショート動画の閲覧や投稿方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

収益化の仕組みとは?

YouTubeショートは、基金「YouTubeショートファンド」から対象クリエーターに報酬が分配され、収益化できるという仕組みです。

しかし、YouTubeショートの収益化には、いくつかの審査要件や条件をクリアしなければなりません。

YouTubeショートの収益化条件は、下記のとおりです。

過去180日間にオリジナル動画をアップロード
著作権ポリシー」「収益化ポリシー」「コミュニティガイドライン」に遵守
コピーコンテンツ不可
年齢制限と保護者、法定後見人の許可
対象国在住

YouTubeショートの収益化後の報酬の受け取り方は?

YouTubeショートの審査要件と条件をクリアし、報酬を受け取る方法は、下記のとおりです。

  1. 通知メールの「申請する」を選択する
  2. 「報奨金の申請手続きを行う」を選択する
  3. 利用規約に同意する
  4. アドセンスアカウントのリンク

YouTubeショートは、Googleから報酬受け取りの案内メールが翌月の8~10日を目安に届きます。

申請完了後、翌月の21~26で指定口座に振り込まれます。

つまり、実際に入金されるまで約2ヶ月かかるということです。

YouTubeショートで行うその他の収益化方法とは?

YouTubeショートでは現状、「ショートファンド」を財源とした方法でしか報酬が得られません。

しかし、YouTubeにユーザーを促すことで、下記のような方法で収益化に繋げることもできます。

  • 広告
  • 投げ銭
  • メンバーシップ

Googleが展開するYouTubeでは、広告が掲載されることで収益化が可能。これは、YouTubeの主軸といえる収益化方法であり、自動化されていることもあり収益の生産性は高いといえます。

また、投げ銭やチャンネルのメンバーシップによっても収益化ができれば、安定した収入に繋がります。

まとめ:YouTubeショートを収益化しよう!

今回は、YouTubeショートを収益化する方法と報酬の受け取り方などについて解説してきました。

YouTubeショートの収益化後は、原則として毎月申請しなければならず、25日を経過すると期限切れとなります。

収益化することで、事業の宣伝もしくは収益に繋がることでしょう。

YouTubeショートに関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください