MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

Googleサーチコンソールとは?
キモとなるメイン機能3種をご紹介!

HOME
Google search consoleとは?キモとなるメイン機能3種をご紹介!

Google search consoleは知名度も高いため、知っている方も多いかと思われます。しかし、具体的にGoogle search consoleについて説明を求められても答えられない方が多いのではないでしょうか。

本記事では、Google search consoleをテーマに解説しています。登録の手順も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

グーグルサーチコンソール(Google search console)とは?

Google search consoleとは、Google検索エンジンで、自身の運営するWebサイトを調査・分析できるツールです。次の2つのデータを抽出することができるため、上手に活用すれば成功に1歩近づきます。

  • 検索された検索ワード
  • アクセス・クリック数の推移

Webサイトの運営にとても役立つツールで、無料で利用できます。

ただ、サーチコンソールの機能はこれだけではございません。その他にも各種機能がございますのでメインとなる機能についても後ほど紹介していきます。

Google search consoleの登録する手順を紹介!

Google search consoleを使うためには、まず登録しなければなりません。ここでは、登録までの手順を紹介します。

 ステップ1 事前に登録したGoogleアカウントでログイン

Google search consoleは、Googleが提供しているサービスです。そのため、登録にはGoogleアカウントが必要です。すでにGoogleのサービスを利用している方は、そのアカウントでログインすることもできます。

アカウントを作成していない方は、まずアカウントを取得することから始めましょう。

 ステップ2 プロパティを追加する

スタート画面にある「今すぐ開始」をクリックすると、プロパティタイプの選択画面に移動します。すると、「ドメイン」と「URLプレフィックス」が表示されますが、今回は「URLプレフィックス」を選択した場合の手順を説明します。

すでに、サーチコンソールを使っている方は「プロパティの追加」ボタンをクリックしましょう。

 ステップ3 サイトURLを「URLプレフィックス」に入力する

登録したいWebサイトのURLを入力します。その際、「http://」を付け忘れていると、入力エラーが出るため注意しましょう。

 ステップ4 HTMLタグをコードのヘッダー部分に挿入する

URLを入力して「続行」ボタンをクリックすると、「所有権の確認」ページに移動します。そのページの「HTMLタグ」をクリックすると、HTMLタグのコードが表示されますので、そのコードをコピーして、選んだテーマヘッダーに挿入しましょう。

 ステップ5 反映されているかチェック

Google search consoleに戻り、反映されているかチェックします。しかし、データ収集の準備が整わないうちは、すぐには反映されません。24時間以上経過してから、再度確認するようにしてください。

Google search consoleの活用術3選

次に、Google search consoleの活用術を紹介します。
ここからがこのツールのキモになってきます。

 検索パフォーマンス

Google search consoleに登録すると、検索パフォーマンスでWebサイト運営の指針となる次の4つのデータを確認することができます。

  • 合計クリック数
  • 合計表示回数
  • 平均CTR
  • 平均掲載順位

これらのデータを蓄積させることによって、サイト内容を比較的容易に分析できるようになりました。

 サイトマップ

Google search consoleに登録すると、WebサイトのサイトマップをGoogleに送ることができるようになります。

Google search consoleのメイン機能です。

サイトマップといっても、よくあるホームページ上に作られる「見た目のサイトマップ」ではなく、サイトの構造関係をGoogleに通知するためのsitemap.xml等の情報です。

 

サイトマップはサイト全体の構造を示しますので、Googleに伝えることでWebサイトが認識されやすくなります。

 ペナルティチェック

ここもGoogle search consoleのメインとなる機能です。これは大切。どうして検索結果が上がらないのか?といったお悩みがある場合は、まずはここもチェックしてみてください。

検索結果順位については、このペナルティチェックでエラーをクリアしてからが本番だと考えております。エラーをクリアしただけでは即時検索結果上位につながることは、他要因もありますので他の改善も必要かもしれません。ただ、このエラーをクリアすることは「評価を下げる原因」になっていることは間違いありませんので、最低限ここはクリアしていきましょう。ただ、エラー内容によっては施策が大変な場合がありますので、お困りでしたらご相談ください。

 

自分で気づかないうちにWebサイトがGoogleペナルティを犯しているケースは珍しくありません。

ペナルティ違反に気づかないままサイト運営すると、評価が下がったりインデックスから削除されたりする可能性があります。

Google search consoleを利用してペナルティを診断することができるため、定期的に確認するとよいでしょう。

一ヶ月に1回くらいは見ていきましょう!

 

まとめ:Google search consoleを上手に活用しましょう!

Google search consoleはWebサイト運営にとても役立つツールです。上手く活用して、サイト改善に努めましょう。

Google search consoleの登録方法や使い方などが分からない方もいますよね。ぜひ、ノキボウ株式会社にご相談ください。

群馬県高崎市のホームページ制作会社 ノキボウWEB

 

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください