MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

Webユーザーの特徴は?3秒ルール
以内に情報を伝える重要性を解説!

HOME
Webユーザーの特徴は?3秒ルール以内に情報を伝える重要性を解説!

Webユーザーにはせっかちな方が多く、サイトに訪れたWebユーザーがそのまま閲覧するか、離脱するのかを決める時間はたったの3秒だといわれています。

そのため、Webサイトを制作する際は、3秒ルールを意識しておく必要があります。

本記事では、Webユーザーの3秒ルールをテーマに徹底解説。さらに、離脱の原因や重要ポイントなども紹介しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

Webユーザーは意外にせっかち?3秒ルールについて解説!

なぜ、Webユーザーは3秒でサイトからの離脱を決めてしまうのでしょうか。まずは、Webユーザーの特徴からみていきましょう。

Webユーザーの特徴は?

Webユーザーの多くは、ファーストビューを見て閲覧するかどうかを決めています。ファーストビューとは、サイトを訪れたWebユーザーが最初に目にふれる部分のことです。

また、文字を飛ばしながらWebサイトの記事を閲覧することも珍しくありません。このことから、Webユーザーは比較的せっかちだといえます。

ちなみに、Webユーザーの行動を決める3秒間のことを、一般的には「3秒ルール」と呼んでいます。

3秒を経過すると離脱してしまう原因は?

Webユーザーが3秒で離脱してしまう原因は、少しでも早く情報を得て、次の行動に移りたいからです。3秒ルールのパターンは、次の2つです。

  • 3秒経過してもWebサイトが開かない
  • ファーストビューで欲しい情報が得られない

Webユーザーは、ファーストビューの範囲内に、自分が必要としている情報があるかどうかを判断します。これが、3秒ルールが重要視される要因だといえるでしょう。

Webユーザーの意識した3秒ルールの重要ポイントを紹介!

Webサイトの制作時に、どのようにして3秒ルールを意識すればよいのでしょうか。ここでは、3秒ルールの重要ポイントを解説します。

いち早く情報を伝える!

Webサイトに優良級の情報が掲載されていても、Webユーザーに閲覧してもらわなければ意味がありません。

また、ユーザーの多くは、Webサイトからいち早く情報を知りたいと考えています。

ファーストビューの範囲内に、ターゲットとしているWebユーザーの興味を惹く情報を掲載することが大切です。 

Webの3秒ルールは古い?2秒ルールの存在!

実は、意識することは3秒ルールだけではありません。

現代のWebユーザーは、よりせっかちな方が多く、3秒も待てないケースがみられます。さらに、2秒経過すれば不満を感じるWebユーザーも少なくありません。

2秒以内にWebユーザーへ情報を届けるルールのことを「2秒ルール」と呼びますが、現代では、3秒ルールよりも2秒ルールを重要視する傾向がみられます。

コンバーション率に影響する!

Webユーザーがサイトに訪れたあと、3秒以内にユーザーの興味を惹くことができなれば、アクセス・クリック数があってもコンバーション率は伸びません。

また、クリックしてから2秒以内にページが表示されない場合も離脱してしまうため、コこちらもンバーション率に大きく影響してしまいます。

ちなみに、表示時間が1秒間長くなる毎に、約0.8%コンバーション率が下がるといわれています。

まとめ:Webの3秒ルールの重要性を意識してサイト改善に努めましょう!

Webサイトのコンバージョン率を高めたいなら、いかに、Webユーザーがサイトを訪れてから3秒以内に興味を惹くことができるかが重要です。

まずは、3秒ルールを意識して、Webサイトの改善に努めましょう。

しかし、3秒ルール意識したサイト改善は容易ではありません。上手くいかない場合のご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください