MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

GTM(Google Tag Manager)とは?
メリットや導入方法など解説!

HOME
GTM(Google Tag Manager)とは?メリットや導入方法など解説!

Googleではさまざまな分析ツールを提供していますが、GTM(Google Tag Manager)も、そんなGoogleが提供しているサービスツールの1つです。

本記事では、GTMの特徴やメリット・導入方法にもふれていますので、ぜひ参考にしてください。

GTM(Google Tag Manager)とは?4つのメリットと導入する手順を紹介!

Googleが提供しているGTMとは、どのようなツールなのでしょうか。ここでは、GTMのメリットや導入する際の手順についても紹介していきます。

GTM(Google Tag Manager)とは?

GTMとは、「Google」「Tag」「Manager」のそれぞれのアルファベットの頭文字をとった略語で、Googleが提供しているタグマネジメントツールです。

GTMを導入することで、運営しているWebサイトのGoogleアナリティクスのタグだけでなく、複数のタグを一括管理することができるでしょう。例えば、次のようなことが分かるようになります。

  • ボタンが何回クリックされたのか
  • 訪問したユーザーがページのどこまで閲覧したか

このような細部までデータ分析することができます。

GTM(Google Tag Manager)の4つのメリットとは?

それでは、GTM(Google Tag Manager)のメリットについて詳しくみていきましょう。

無料で利用できる

GTMは、Googleが無料で提供しているツールですので、利用するための費用はかかりません。無料でタグ管理ができることは、大きなメリットといえますね。

複数のタグを一括して管理できる

複数のタグを一括管理できるようになります。また、HTMLを編集しなくてもタグを管理できるようになり、Webサイトの編集作業にかかる時間の短縮にも繋がります。

バージョンのバックアップ管理

タグの設定変更後、公開する際に新しいバージョンを自動作成して、バックアップ管理を行っています。そのため、設定を変更したことでトラブルが発生しても、簡単に該当するタグを公開前の状態に戻すことができます。

公開前のプレビューでタグの動作が確認できる

GTMでは、公開前のプレビュー機能でタグの動作確認が行うことができます。タグを公開する前に意図したページでタグが配信されているか、タグが構成通りに動作しているかを実際に目で見て確認できます。

GTM(Google Tag Manager)を導入する手順とは?5つのステップで解説!

次に、GTM(Google Tag Manager)を導入する際の手順についてみていきましょう。

手順1 GTMにログインしてアカウントを作成する

GTMを利用するためには、Googleアカウントが必要です。まずは、GTMにログインしてアカウントを作成しましょう。すでにGoogleの他サービスでアカウントを作成していれば、そちらを使用しても構いません。

手順2 コンテナを作成し、タグを取得してページ内に埋め込む

GTMではコンテナとアカウントの2つの概念で構成されています。まずは、管理するための箱であるコンテナを作成しましょう。コンテナを作成すれば新しいタグが追加できるようになり、自由に出し入れできます。

手順3 Googleアナリティクスとの連携

GTMはGoogleアナリティクスと組み合わせることでタグ分析・管理の幅が広がります。例えば、アナリティクスのタグを設定したり、設定したタグを導入したりすることができるようになります。

手順4 プレビューでタグの動作を確認する

一通りの設定が完了したら、プレビュー機能を使うことで、公開前に動作を確認することができます。

手順5 公開してデータを分析する

プレビューで動作確認をして、正しく実装ができていればデータを分析することができます。

まとめ:GTMを導入してタグ管理の効率化を図りましょう!

Webサイトの運営でタグ管理に負担を強いられている方もいますよね。GTMを導入して、容易にタグ管理を行いましょう。無料で導入できるため、こんな便利なマネジメントツールを使わない手はありません。

GTMの導入や運営、管理についてのご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください