MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

YouTubeアナリティクスとは?
分析する3つのポイントを解説!

HOME
YouTubeアナリティクスとは?分析する3つのポイントを解説!

株式会社シードプランニングデジタルインファクトと株式会社サイバーエージェントが行った共同調査の結果によりますと、国内YouTuberの市場規模が2022年には579億円に達すると予測されています。

YouTubeの将来性も高いことから、アナリティクスでコンテンツ分析を行うことは重要なことだといえます。

本記事では、YouTubeアナリティクスの重要性や分析ポイントについて解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

YouTubeアナリティクスとは?その重要性について解説!

YouTubeアナリティクスとは、YouTubeのチャンネル内に投稿されたコンテンツの現状をリアルタイムに分析できるツールのこと。主に、下記の項目について分析することができます。

  • 動画の再生時間と再生回数
  • 視聴者の動向
  • チャンネルの登録者数

YouTubeに投稿されたコンテンツの再生時間や回数は、視聴者の動向に大きく影響しますが、その結果によって直帰率や離脱率を計測できます。そのため、視聴者の動向を図るためにも、YouTubeアナリティクスの重要性は高いといえます。

ちなみに、YouTubeアナリティクスは無料で利用可能。YouTubeを始めていれば、新たに登録する必要もなく、手軽に操作できます。YouTubeアナリティクスの導入についての手順は、下記を参考にしてください。

  1. Googleアカウントを取得
    https://www.google.com/intl/ja/account/about/)
  2. YouTubeに登録
    https://www.youtube.com/)
  3. YouTube Studio アナリティクスを活用

導入に際し、特に難しい操作はなくスムーズに進められるでしょう。YouTubeアナリティクスについて、さらに詳しく知りたい方は、こちら(https://support.google.com/youtube/answer/9002587?hl=ja)をご覧ください。

YouTubeアナリティクスの3つの分析ポイントについて紹介!

ここでは、YouTubeアナリティクスの分析ポイントについて紹介します。主なポイントは、下記の3つ。

  • ユーザー層
  • クリック率
  • 視聴者維持率

それでは、詳しくみていきましょう。

ユーザー層

YouTubeアナリティクスでは、チャンネルを視聴してくれているユーザーの性別や年代が分析できます。ユーザーの求めているコンテンツ内容にするためには、重要な要素といえるでしょう。

ユーザー層の特徴を理解することは、チャンネルの将来的な方向性を見出すことは重要です。狙ったユーザー層が離脱している場合は、チャンネルの方向性について再検討する必要があるかもしれません。

クリック率

YouTube上で動画コンテンツが表示される回数のことをインプレッション数。そして、表示された動画コンテンツがクリックされる割合のことをクリック率と呼びます。

インプレッション率が高くても、クリック率が低ければ、ユーザーが満足していないといえます。そのため、YouTubeアナリティクスでクリック率を分析することは、重要なことだといえるでしょう。

視聴者維持率

視聴維持率とは、動画コンテンツを最後まで視聴してくれたユーザーの割合のこと。

YouTubeアナリティクスでは、折れ線グラフ調で分析することができるため、視覚的に理解できることはメリットといえます。

YouTubeアナリティクスで視聴者維持率をチェックする目的は、ユーザーの動向を分析するため。動画を最後まで視聴してもらえるようなコンテンツを制作することは重要です。

まとめ:YouTubeアナリティクスを活用してコンテンツの品質を向上させよう!

冒頭でも説明しましたが、YouTube市場は、2022年には579億円に達すると予測されています。そのなかで、YouTubeマーケティングを成功させるためには、ユーザーの動向を理解することは重要です。

今回は、YouTubeアナリティクスの特徴や分析ポイントについて解説してきました。そもそも、YouTubeを運営しているならアナリティクスで分析することは必須です。

YouTubeアナリティクスに関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください