MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

グロースハッカーとは?
必要なスキルと仕事内容など解説!

HOME
グロースハッカーとは?必要なスキルと仕事内容など解説!

グロースハッカーと呼ばれている職業について、詳しくご説明します。

ハッカーと聞くと、あまり良いイメージを持たないかもしれません。しかし、そんなことはなく、現在日本でもWeb業界において注目されている仕事の1つです。

本記事では、グロースハッカーをテーマに解説しています。具体的な仕事内容や、必要なスキルなどについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

グロースハッカーとは?日本で注目される理由について解説!

グロースハッカーとは、会社・製品・サービスの成長(グロース)を加速させる事が使命のwebマーケティング職のことです。そもそも、グロースハッカーと言う言葉は2010年に生まれたばかりですので、まだ馴染みのない方もいるかもしれません。

グロースと言う意味が「成長」であるように、自身の成長のためにあらゆる可能性をテストし、高めて企業や製品の質を上げる(成長させる)ことを優先するという意味が込められています。

そして今、日本でもグロースハッカーになろうと目指している方も少なくありません。

グロースハッカーに必要なスキルと仕事内容は?

ここでは、グロースハッカーに必要なスキルや仕事内容について解説しています。

必要なスキル

グロースハッカーには医師や弁護士のように、国家資格は必要ありません。しかし、下記のスキルは必要です。

  • 統計学の基礎知識
  • Google Analyticsの運用スキル
  • A/Bテストの実行スキル
  • プログラミングスキル

グロースハッカーにとって、統計学の基礎知識は必須。欠かせないデータ・ドリブンのアプローチが取れるようになることが重要です。

また、Google Analyticsの運用スキルは、解析ツールを理解しグロースハックを行うポイントの洗い出しのためのスキルです。そして、プログラミングスキルとA/Bテストの実行スキルは、A/Bテストとはwebマーケティングの1つの手法。AパターンとBパターンを比較するもので、グロースハッカーはここでも、圧倒的な成果を必要とします。

ちなみに、A/Bテストの実装にプログラミングスキルが役立ちます。

仕事内容

グロースハッカーの仕事内容は、会社・製品・サービスのこれからを今までと比較して、より成長をさせるために何が最適なのかを検証して見極めることです。

グロースハッカーに似た職種でマーケターがありますが、その違いは下記のとおり。

  • マーケター:完成した製品やサービスなどを、売り込む仕事
  • グロースハッカー:売り込むだけでなく、自らの手で売れるように改善していく仕事

ここでは、マーケターとの違いについても理解しておきましょう。

年収の相場

グロースハッカーの年収の相場は500~600万円といわれています。参考までに、実際の求人をキャプチャしておきます。

グロースハッカー

参考:https://doda.jp/keyword/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC/

大卒やスキル面などで雇用条件が変わることもありますが、2021年3月現在では上図のように数多くのグロースハッカー求人が募集されています。Web業界の相場が400万円前後といわれているため、比較的高いことが分かりますね。

まとめ:グロースハッカーを目指そう!

スキル的には、「統計学」「プログラミング」などの専門的な知識が必要なため難易度が高いですが、Web業界においては比較的新しい職種です。需要も高いことから、グロースハッカーを目指す方もいることでしょう。

また、企業にとてもグロースハッカーは重要な役割を担います。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください