MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

メンタルヘルスケアの重要性とは?
取り組むべき理由とメリットを解説!

HOME
メンタルヘルスケアの重要性とは?取り組むべき理由とメリットを解説!

メンタルヘルスケアを行っていない経営者は必読です。近年の働き方改革により、メンタルヘルスケアを行う企業が増えています。

職場環境の見直しは、メンタルヘルスケアから行うべき。本記事では、職場におけるメンタルヘルスケアの仕組みや取り組み方について解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

メンタルヘルスケアとは?取り組むべき理由について解説!

メンタルヘルスとは従業員の精神状態のことで、職場にストレスを抱える労働者の多さが問題になっています。

メンタルヘルスケアに取り組むと、以下の理由により業績の向上に役立ちます。

  • 生産性の向上
  • 結果的なコスト削減
  • 離職率の低下

それでは、職場においてメンタルヘルスケアが重要な理由について、順番にみていきましょう。

生産性が向上する

メンタルヘルスの向上により、生産性の向上が望めます。

従業員が落ち込んでいたり、鬱の状態になったりすると、生産性が下がるからです。

カナダの実験では、うつ病だと生産性が33%も低下することが分かっています。

結果的なコスト削減ができる

メンタルヘルスケアは長期で見れば、コストの削減に繋がります。

もし従業員がメンタルヘルス不調を起こし、休暇をとったり労災に発展したりすると、企業にとってコストがかかります。

メンタルヘルスケアを行うと、未然に余計なコストがかかることを防げるでしょう。

離職率が低下する

メンタルヘルスケアを実施していない職場は、将来的にも離職率の低下に繋がります。

そして、メンタルヘルス不調に陥った従業員は、ひどい場合には職場を離れてしまうケースも珍しくありません。事前にメンタルヘルスケアを行うことにより、離職を防ぐことができます。

つまり、離職率を低下させる目的で、メンタルヘルスケアを取り入れることも重要だということです。

メンタルヘルスの対策法とは?3つの対策を紹介!

メンタルヘルスケアは、以下の3つの段階に分けられます。

  • 一次予防(未然に防ぐ)
  • 二次予防(早期発見)
  • 三次予防(職場復帰支援)

それぞれの段階における対策について、具体的な方法を紹介します。

セルフケアを推奨しよう

セルフケアを推奨して、従業員のメンタルヘルスケアを管理することは、一次予防に繋がります。

つまり、メンタルヘルス不調の予防にはセルフケアが有効ということです。企業側は研修や定期的なストレスチェックで、従業員のストレスを管理しましょう。

専門医と連携しよう

専門医と連携することは、メンタル不調の早期発見に繋がります。

そのため、メンタルヘルスケアを二次予防対策として取り入れることはおすすめ。健康診断を実施したり、カウンセリングを行ったりすることで、より明確な対処法が明らかになります。

また、ストレスの過剰な蓄積がみられる従業員に対してアドバイスなど、サポートに協力してくれることもメリットとして挙げられます。

復帰プログラムで支援しよう

メンタルヘルス不調による休業者は、支援がないと復帰が困難です。

場合によっては、病院を受診して精神疾患と診断されるケースも珍しくありません。医療や行政と連携しながら復帰プログラムを活用することは、重要なポイントです。

企業側は、従業員がスムーズに職場へと復帰できるようにするために、復帰プログラムを検討しましょう。

まとめ:メンタルヘルスケアは職場にとって重要な課題!

最後に、メンタルヘルスケアの重要性について1つ事例を紹介します。カナダにある研究所では、従業員2,219人を対象に調査を行っています。その結果、メンタルヘルスケアを行わないと「全体的な生産性は33%も低下する」という結果が報告されました。

このような事例から、職場におけるメンタルヘルスケアは重要なことといえます。メンタルヘルスケアについてのご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください