MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

Windows11とは?
グレードアップする理由と真の目的などを解説!

HOME
Windows11とは?グレードアップする理由と真の目的などを解説!

米国時間の2021年6月24日、Microsoft社が新OSとして「Windows 11」の正式発表を行いました。

今後、正式な提供時期は2021年後半予定。そもそも、Microsoft社は、なぜWindows10からグレードアップするのでしょうか。

結論からいえば、ライバル社に対抗するため。現代社会の需要に合わせたグレードアップを目的としています。

本記事では、そんなWindows11とは何なのか?2021年7月現在で公開されている情報をまとめました。

ぜひ、最後までご覧ください。

Microsoft社の新OS「Windows11」とは?

最後のOSといわれていたWindows10ですが、2021年6月24日にMicrosoft社が新OS「Windows11」のリリースを正式発表しました。

Windows11とは、Microsoft社がリリースする次世代OS。セキュリティ面や操作性、処理速度などのスペックがWindows10よりも格段に向上する見込みです。

では、なぜ今Windows11のグレードアップを発表したのでしょうか。

詳しくみていきましょう。

2021年7月現在最新情報!なぜ今グレードアップを発表したのか?

Microsoft社が、2021年後半にWindows11をリリースすることを正式発表しましたが、なぜ今なのでしょうか?

結論からいえば、Windows10の掲げるビジョンが時代に合わなくなったため。Windows10では、セキュリティ強化や操作性が大きく見直されました。

しかし、現状はまだまだ下記のような課題が残ります。

  • 更新プログラムの提供方法
  • 通信量の過負荷によるスペック低下
  • ユーザーによる操作性

今回はWindows11をテーマにしていますので詳細は割愛しますが、簡単に説明すると、インターネットの拡大に伴い、Windows10のスペックが追い付いていないということがいえます。

Microsoft社がWindows11のリリースを発表した真の目的とは?

Windows11をリリースすることを発表した理由については、前述したとおりです。

しかし、その真の目的はライバル社「Apple」と競合していることが挙げられます。

2021年7月現在、Apple社は独自チップ「M1」を開発中。対して、Microsoft社は「Windows 10X」を開発していましたが、最終的に断念しました。

つまり、競合するApple社に対抗するため、Windows11を発表したという流れです。

Windows11移行後にWindows10はどうなる?

Windows11に正式移行した後、Windows10はどうなるのでしょうか。

結論のポイントとしては、下記の3つが挙げられます。

  • 2025年10月14日にWindows10のサポート終了
  • サポート終了まで更新アップデートは実施
  • Windows10からWindows11への無償アップグレード

これらを簡単にまとめると、2025年10月14までのサポート終了までは、Windows10の更新アップデートは実施されます。また、Windows10からWindows11へのアップグレードは無償で提供されることが発表されています。

ただし、Windows11へアップグレードする際は、下表のスペックを満たしていなければなりません。

ハードウェアスペック
メモリ4GB~
ストレージ64GB~
プロセッサ1GHz~(64bitで2コア~)
TPMTPMVr.2.0
ファームウェアセキュアブート、UEFI

サポートが終了すればWindows10のスペック上、欠陥が生じる危険性が伴うため、2021年後半でWindows11が正式にリリースされればアップグレードすることをおすすめします。

まとめ:Windows11は時代にマッチした新OS!

今回は、Windows11とは何なのか?というテーマで解説してきました。

Windows11は、Windows10から無償アップグレードが可能。その時期の目安は2021年後半ですが、正式にはまだ公表されていません。

また、現代にマッチしたスペックを備えた新OSのため、今後に期待できます。そのため、Windows11の正式発表については、意識しておくとよいでしょう。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください