MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

NFTとは?企業における実例や
今後の課題などについて解説!

HOME
【話題】NFTとは?企業における実例や今後の課題などについて解説!

現代でも流行であるビットコインなどの「仮想通貨」のシステムを進化させた技術でもあります。

この記事ではNFTの特徴や企業導入の実例について解説します。

前書き:

近年、デジタルを活用したNFTという技術が世界的にも注目されているのをご存知でしょうか。NFTとは「Non Fungible Token(非代替性トークン)」の略称で、分かりやすくいうとデジタル上での所有物であり資産のことです。

本記事では、NFTとは何なのか?その特徴や企業の導入事例、今後の課題などについて解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

NFTとは?その特徴や仕組みについて解説!

ついに、デジタルデータを所有できる時代が到来しました。物事には時代の流れがあり、携帯(PHS)からスマホ、5Gへの進化、仮想通貨などデジタル界は年々進化し続けています。

そして今回、注目されているNFTですが、「Non Fungible Token(非代替性トークン)」の略称であり唯一無二の存在を意味します。つまり、NFTとは、唯一無二のデジタル資産のこと。その仕組みには、暗号資産業界でも注目されているブロックチェーン技術が活用されています。

NFTに活用されているブロックチェーン技術とは?

ブロックチェーン技術により、コンテンツの質の向上から以前より問題視されていた複製や転売がNFTによって防止することができ、アートや音楽はデジタル的に資産化できるようになりました。

そもそもブロックチェーンは、2008年にサトシ・ナカモト氏によって提唱された考え方。従来の中央集権型システムとは異なり、分散型台帳のシステムを活用しデータを分散して管理できるというものです。

複数の場所でデータを管理し共有できるためデータの改ざんができないというのが大きな特徴でもあります。

NFTを導入している企業の実例を紹介!

日本ではLINE、メルカリなどがNFT業界に参入していますが、世界的には「Open Sea」というマーケットプレイスでさまざまなNFTジャンルが取り扱われています。

ジャンルごとに、NFTを導入している企業の実例を下表にまとめました。

ジャンル    実例
アートNFTアートで代表的なものが、「Crypto Punks」です。AIによって一万点の顔のアイコンアートを作成している会社で、VISAなどもアイコンを購入し注目されている企業です。
音楽音楽NFTでメジャーなものですと、「Spotify」です。小室哲哉氏も楽曲をNFTとして販売予定もあり注目しているアーティストも数多く存在します。
ゲームNFTゲームで代表的なものは「SANDBOX」です。仮想世界内で区画分けされた土地を売買することができ、実際に土地を購入している企業、有名人もいます。Play to Earn、稼ぐためにプレイする時代もそう遠くはありません。スクエアエニックスも参入を検討おりゲーム業界でも注目されています。
ファッションアバター用アパレルとして「ルイヴィトン」「グッチ」「BURBERRY」「RTFKT」などがNFT導入しています。
スポーツ「NBA Top Shot」がチケット転売対策としても支持されています。NBAでのプレイヤーのハイライト動画をトレーディングカードのようなものにNFT加工し販売しています。

NFTにおける今後の課題とは?

NFTには、いくつか課題が残されています。

  • 取引コストが高くイーサリアムのガス代、いわゆる手数料が高い
  • 認知度を上げていく必要がある
  • どれだけ規制、審査が基準の確立
  • 法律の整備がまだ確立できていない
  • 決済通貨などが具体的ではなくユーザーが使いにくい

NFT自体、世界では新しい仕組みであり世に浸透しきれていない業界のため、知名度やコスト・リスクなどの課題はあります。

しかし、インターネットが普及する以前は、その環境に慣れるまで模索しながらビジネスを展開していました。課題点をふまえ、今後はNFTを軸に大きく成長していく企業も増えていくことでしょう。

まとめ:NFTをビジネスに活かそう!

今回は、NFTとは何なのか?その特徴や仕組みについて解説してきました。

ビジネスにおいて注目されている理由の1つに、NFTの将来性が挙げられます。今後、ますます成長が期待できる業界のため、ぜひ取り組むことも検討してみてはいかがでしょうか。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください