MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

Googleにインデックスされない?
原因と2つの対処法を解説!

HOME
Googleにインデックスされない原因とは?2つの対処法を解説!

Googleの検索エンジンに、リリースしたWebサイトやページがなかなか表示されないというケースで困った経験を持つ企業のWebマスターは必見です。その原因は、タグの設定やペナルティかもしれません。

原因を1つずつ解消して、インデックスされるように施策しましょう。

本記事では、Googleにインデックスされない原因とその対処法について解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

Googleにインデックスされない3つの原因とは?

リリースしたWebサイトが検索エンジンに表示されないという事例は、数多く報告されています。また、狙ったキーワードで検索エンジンに表示されていないことを理由に、結果としてインデックスされていないと誤解するWebマスターも少なくありません。

そもそも、Googleにインデックスされているかどうかを把握するためには、Google Search Consoleを活用することが一般的。それでは、なぜインデックスされないのでしょうか。

ここでは、下記の3つのポイントで解説します。

  • サイト構造
  • タグ
  • ペナルティ

インデックスされない多くの原因に、クロールされにくいWebサイト構造が挙げられます。ここでいうクロールとは、Google上でWebサイトを巡回するロボットのこと。クロールされにくいということはSEO対策がなされていないことを意味します。

また、前述したWebサイト構造の他にもインデックスされない原因として、タグの設定とペナルティも挙げられます。タグ設定のなかで、「noindex」が定義されている場合はシステム上、インデックスされることはありません。また、直接ペナルティを受けている場合も同様です。

Googleにインデックスされない原因を解消するための2つの対処法とは?

Googleにインデックスされているかどうかを把握するためにも、まずは手順を確認していきましょう。

  1. Google Search Consoleを開く
  2. URL検査を選択する
  3. 結果を確認する

Google Search Consoleを開き、「URL検査」のフォームにインデックスされているかどうかを確認したいURLを入力して実行します。

サーチコンソール

「URLがGoogleに登録されていません」と表示された場合は、インデックスされていないため施策が必要です。

それでは、Googleにインデックスされない場合はどのような対処をすればよいのでしょうか。おすすめの対処法は、下記の2つです。

  • XMLサイトマップの活用
  • URL検査ツールからインデックスをリクエスト

XMLサイトマップの登録は、Google Search Consoleの「サイトマップ」から登録可能です。Googleにインデックスされやすくなるため、Webサイトを構築した後の対処法として施策しておきましょう。

それでもインデックスされない場合、同じくGoogle Search ConsoleのURL検査ツールから「インデックス登録をリクエスト」することでクロールされやすくなります。

まとめ:GoogleにインデックスされやすいWebサイトを構築しよう!

今回は、Googleにインデックスされない原因と対処法について解説してきました。

いくつか原因を紹介しましたが、単にクロール不足によってインデックスされていないケースも珍しくありません。多くの場合、時間が解決しますので、施策後はしばらく時間を置きましょう。

Googleにインデックスされない場合のご相談は、ノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください