MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

セグメンテーションとは?
マーケティングにおける重要性を解説!

HOME
セグメンテーションとは?マーケティングにおける重要性を解説!

市場を細分化することで、ターゲティングしやすくなり、スモールマーケティングを展開しやすくなります。そこで、セグメンテーションと呼ばれる概念がビジネスマーケティングではその重要性を秘めています。

本記事では、セグメンテーションの考え方からマーケティングにおける重要性まで解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

セグメンテーションの仕組みとは?その必要性について解説!

「区分」を意味するセグメンテーションの概念は、市場における不特定多数の顧客を特定のセグメントに切り分けること。この考え方は、ビジネスマーケティングにおいて重要です。

まずは、セグメンテーションとは何なのか、詳しくみていきましょう。

セグメンテーションとは?

ビジネスマーケティングにおいて、市場の切り分けとターゲティングに対する的確なアプローチは、プロジェクトの成功の鍵を握ります。

セグメンテーションとは、市場を切り分けたスモールビジネスにおいて、ターゲティングを展開していくこと。セグメンテーションを含め、下記のように分類されます。

  • セグメンテーション(Segmentation)
  • ターゲティング(Targeting)
  • ポジショニング(Positioning)

これらの頭文字を取ってSTP分析ですが、これはビジネスマーケティングにおける重要な指標とされています。

セグメンテーションの必要性は?

ビジネスを展開するにあたり、マーケティング戦略は重要なポイントの1つ。ターゲティングやポジショニングだけでなく、市場をセグメンテーションすることは事業の成功に繋がります。

もともとセグメンテーションは、自社製品やサービスがターゲットに対してどのような意味を持つのかを示す指標です。そのため、市場の流動性からターゲティングへのアプローチ方法まで総括して分析することができます。

セグメンテーションを活用したマーケティングの展開事例とは?

セグメンテーションを含むSTPを軸としたビジネスマーケティング事例の1つに、ハーゲンダッツが挙げられます。

ハーゲンダッツといえば、従来のアイスクリームよりも高価で大人向けですが、この戦略こそがセグメンテーションといえます。

それまでの子供向けアイスクリームのような大衆受けして比較的安い金額設定で販売していた状況から一転、大人向けの贅沢なアイスクリームとしてSTPを実施。このようなセグメンテーションを実践で取り入れたことで、ハーゲンダッツは現在の地位を獲得しました。

まとめ:セグメンテーションを活かしたマーケティングを展開しよう!

今回は、セグメンテーションの特徴や実際のビジネスマーケティング事例などについて解説してきました。

市場の切り分けを含んだターゲティングだけでなく、ポジショニングも意識したSTPという概念は、その重要性が示唆されています。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください