MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

Windows11が重い時の対処法は?
メモリ解放の方法など解説!

HOME
【最新版】Windows11が重い時の対処法は?メモリ解放の方法など解説!

Windows11では、ブラウザの動作やファイルの開きなどが重い時があります。その原因の1つに、メモリリークが挙げられますが、具体的な対処法はあるのでしょうか。

本記事では、Windows11が重い時の対処法として、メモリ解放をする方法など解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

Windows11が重い時の対処法について解説!

Windows11には、「ブラウザが重い」「フォルダが開かない」などの口コミ、評判だけでなくさまざまな不具合も報告されています。

ここでは、Windows11の動作が重い時の対処法を紹介しています。

デフラグ/TRIM

Windows11が重い時の対処法として、「デフラグ」「コンパクション」「TRIM」は有効な手段の1つ。通常は、SSD内のアプリケーションを削除してもデータが残りますが、TRIMによって最適化することができます。

また、HDDの定期的なデフラグは、メモリ環境を整えるのにおすすめです。

不要なアプリケーションの削除

Windows11のブラウザが重い時の原因に、不要なアプリケーションの存在が挙げられます。バックグラウンドで動作している場合は、Windows11のシステムに影響し、重い時があります。

不要なアプリケーションは随時、削除するとよいでしょう。

仮想メモリの最適化

Windows11の重い原因の1つに、メモリリークが挙げられます。メモリリークのようなバグは比較的発生しやすく、その都度解放しなければなりません。

手順は後述しますが、そもそもWindows11のメモリ環境は最低でも8GB。仮想メモリによって最適化することをおすすめします。

Windows11の重い原因はメモリリーク?メモリ解放の方法を解説!

Windows11のブラウザが重い時など、どのような対処をすればよいのか、理解できたことでしょう。

ここでは、動作を軽くするためのメモリ解放について解説しています。

そもそも、メモリリークとは、アプリケーションが一旦確保したメモリを解放できないバグのこと。メモリリークが発生することで、容量が減りWindows11のシステム動作に悪影響を及ぼします。

そのような場合にメモリを解放しなければならず、その手順としては下記のとおりです。

  • パソコンの再起動
  • メモリ解放ソフト

Windows11が重い時は、メモリリークが発生している可能性があります。

再起動もしくはメモリ解放ソフトで対応しましょう。

まとめ:Windows11が重い時はメモリを解放しよう!

今回は、Windows11のブラウザが重い時などの対処法について解説してきました。

メモリ不足が主な原因として考えられますが、さまざまなトラブルや不具合に対して、その都度対処しなければなりません。弊社では、Windows11の最新情報を公開しています。

また、Windows11についてのご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください