MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

企業のWebマスター向け!
ホームページの改善ポイント5選

HOME
企業のWebマスター向け!ホームページの改善ポイント5選

企業でホームページを運営しているにもかかわらず、思うように成果が出ないことで、どのようなポイントで改善すればよいのか分からないWebマスターもいることでしょう。

本記事では、企業向けのホームページで、一般的な改善ポイントをまとめました。

ぜひ、最後までご覧ください。

企業ホームページの改善を判断するポイントについて解説!

企業のホームページでは、集客やマーケティングを行ううえで、さまざまなアプローチ方法が展開されています。

しかし、なかなか思うように成果が出ないことで、悩むWebマスターも少なくありません。

そもそも、どのような状況もしくは環境で、ホームページの改善が求められるのでしょうか。

結論からいえば、「ターゲティング」「ニーズ」の2つのポイントを満たしていないと判断できた場合は、改善する余地があります。

ホームページを作成する際に、目的や目標を明確にすることは前提とし、顧客ターゲットやニーズについても検討することは重要。ターゲットに合致した商品またはサービスを展開し、顧客ニーズに応えたアプローチをしなければ、当然ながら思うような成果を生み出すことはできません。

企業のWebマスター必見!ホームページの改善ポイント5選

ホームページ改善の判断ポイントを理解したところで、次にやるべきことは、実際に改善すべき項目を把握すること。ここでは、一般的に企業ホームページで改善すべきポイントをまとめました。

  • メインページ
  • コンテンツ内容
  • サイト設計及び導線
  • SEO対策
  • サイトスピード

それぞれのポイントについて、詳しくみていきましょう。

メインページ

企業ホームページにおけるメインページの改善ポイントは、強みを前面にアピールできているかどうかということです。

メインページといえば、企業ホームページにとって顔となる存在。他社との差別化や訴求内容が明確に示されていなければなりません。

コンテンツ内容

コンテンツ内容の改善ポイントは、ユーザーにとってUI/UXが得られるかどうかということです。

企業ホームページを訪問してきたユーザーが、実際に情報を得る(UI)ことができて、それを体感(UX)できる環境を構築することが重要。そのためにも、訴求したい内容をシンプルに分かりやすく説明する必要があります。

サイト設計及び導線

企業ホームページのサイト設計や導線に関連する改善ポイントは、「クローラー向け」と「ユーザー向け」で施策内容が異なります。

  • クローラー向け:各記事を内部リンクで繋いでクロールされやすいような環境を構築
  • ユーザー向け:見込み客記事からキラーページまでの導線を確立

ここでいうクローラーとは、Googleの検索エンジンでクロールするロボットのこと。つまり、検索エンジンだけでなく、ユーザーにも伝わるサイト設計及び導線を構築しなければならないということです。

SEO対策

SEO対策の改善ポイントは、各企業のホームページによって異なりますが、一般的には「タイトル」「見出し」にキーワードを含ませることが前提。検索エンジンで指定のコンテンツが表示できない主な原因は、コンテンツ内のキーワード比率と情報の網羅性が関係しています。

SEO対策の方法は数多く存在しますが、まずは質の高いコンテンツが作られていることが重要なポイントといえます。

サイトスピード

サイトスピードの改善ポイントは、企業ホームページ内で使用している画像やコードのカニバリ(重複して記述)などが挙げられます。

規格外に大きな画像を添付したり複数回ループするようなコードを記述したりしていると、プログラムがうまく動作せず、遅延の原因になりかねません。

ワードプレスで企業ホームページを構築している場合は、テーマを改善するだけでサイトスピードが向上することがあるため、ぜひ試してみてください。

また、サイトスピードの改善ポイントについては、こちらでも詳しく解説しています。

まとめ:企業ホームページの改善ポイントを押さえよう!

今回は、企業が運営するホームページの一般的な改善ポイントについてまとめました。

基本的なSEO対策などの技術面だけでなく、重要なことは企業にとってホームページがどのように活用されているのかということ。また、ターゲットに刺さるコンテンツ、もしくはニーズを満たしたコンテンツでなければ意味がありません。

ホームページの改善に関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください