MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

Wordpressは難しい?
理解できないときの対処法など解説!

HOME
WordPressは難しい?理解できないときの対処法など解説!

WordPressでホームページを制作したい企業担当者必見です。CSSやHTMLなどのプログラミング構造が分かりにくいという方もいることでしょう。

本記事では、Wordpressが難しい原因とその対処法について解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

WordPressが難しい3つの理由を解説!

企業のWeb開発者で経験が浅い方の多くは、Wordpressが難しいと感じるようです。

専門用語の理解や設定、コンテンツの管理が複雑などの理由が挙げられますが、具体的にはWordpress特有の自由なカスタマイズ性が難しいと感じる原因です。

 IT用語が分かりにくい

WordPressでは、CSSやHTML、SEOなどの専門用語が扱われます。

そのため、基本的なIT用語を理解していなければWordpressを操作することは難しいでしょう。Web開発やマーケティングに関連する基本的な用語は、理解しておかなければなりません。

 Wordpressの初期設定が難しい

WordPressの初期設定について、難しいと感じるWeb開発者は少なくありません。

テーマやプラグインの導入、デザインのカスタマイズなど設定する必要があり、Web開発の経験がなければ実際難しいのが現状。特にCSSやJavaScriptなどのプログラミング言語の組み込みを初期設定で行う際は、システム開発の知識とスキルが必要です。

 コンテンツ管理が複雑

WordPressの登場によってWebコンテンツ制作が簡単になったとはいえ、その内容はまだまだ複雑です。

その仕組みが難しいと感じるシステム開発者は少なくありません。なかでも、各コンテンツの管理は運用上、重要なポイントの1つ。ミスによる不具合を解消するためにも、バックアップを取っておくことをおすすめします。

WordPressが難しいときの対処法について解説!

総務省の「情報通信政策研究所」によると、Wordpressなどを活用してホームページを制作し、その後運用を継続する割合は下表のとおりです。

経過年数割合
1年後30%
2年後10%
3年後3%

このような背景からも分かるとおり、Wordpressが難しいと感じ、途中で挫折するケースも珍しくありません。

WordPressが難しい場合は、何かしら対処することをおすすめします。例えば、下記のような対策法があります。

  • 開発技術を教育する
  • M&Aによる継承
  • 専門業者に制作を依頼する

社内のシステム開発者のスキル向上を目的に、教育を行うことは必須。そのなかで、専門業者との連携は、今後の運用における課題を解決するためにも重要なポイントです。

また、M&A継承についても検討することで、よりよい展開が望めるケースもみられます。そのため、Wordpressが難しいと感じる場合は、多角的視点にて模索しましょう。

まとめ:Wordpressが難しい場合はノキボウ株式会社へ!

今回は、Wordpressが難しい原因とその対処法について解説してきました。

課題が解決できず運用に支障をきたす場合は、専門業者に制作を依頼することも検討しましょう。

WordPressについてのご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください