SWOT分析とは?
その仕組みとマーケティングの成功事例を考察!

HOME
SWOT分析とは?その仕組みとマーケティングの成功事例を考察!

SWOT分析によって、企業における「強み」「弱み」「機会」「脅威」を客観的に知ることができます。

本記事では、SWOT分析の仕組みやマーケティングにおける成功事例について解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

弊社では、マーケティングに関連する最新情報を発信しています。詳細については、こちらをご確認ください。

SWOT分析とは?その特徴と仕組みについて解説!

SWOT分析は企業におけるブランド力や商品、サービスなど他社競合と比較して、どのような立場におかれているのか分析するためのマーケティング手法です。

その特徴や仕組みについて、詳しくみていきましょう。

 SWOT分析の特徴は?

SWOT分析の特徴は「強み」「弱み」「機会」「脅威」の4つに指標が分類されていること。これらの項目を個別に分析することで、市場における全体的な企業の立場を把握できます。

<SWOT分析の構造>

プラスの要因マイナスの要因
内部環境強み(Strength)弱み(Weakness)
外部環境機会(Opportunity)脅威(Threat)

さらに内部環境と外部環境に分類されますが、その概要については下記のとおりです

  • 内部要因:社会情勢や市場規模など
  • 外部要因:ブランディングや商品・サービスの価格など

上のイメージ図に記載の4つの指標を分析した結果を精査し、マーケティングで活かせるような情報を企業の重要データとして蓄積することで大きな効力を発揮します。

 マーケティングにおける仕組みとは?

SWOT分析をマーケティングで活かすには、その仕組みとやり方を理解しておかなければなりません。

前述したように「強み」「弱み」「機会」「脅威」の指標から成り立つSWOT分析ですが、その仕組みは内部要因と外部要因に分類されます。

内部要因はブランディングを軸とすることについて前述しましたが、具体的にはインフラや資源、技術力が深く関係しています。一方、外部要因は具体的にマクロ分析を行うことを主軸としますが、なかでも新規参入業者の動向や市場の需要、代替品による他社競合の関係性などが挙げられます。

そして、SWOT分析の基本的なやり方は、下記のとおりです。

  1. 外部要因の「機会」「脅威」の指標を分析する
  2. 内部要因の「強み」「弱み」の指標を分析する
  3. 全体像を把握しおかれている状況を確認する

手順を誤ると正しい分析結果を反映できないため、注意して取り組んでください。

SWOT分析のマーケティング実践編!成功事例を徹底考察!

それでは実際に、SWOT分析を実践してみましょう。

今回は、現代社会で大成功を納めているApple Inc.をピックアップしました。

Apple Inc.は、世界でもトップクラスのIT企業で日本国内でもiPhoneが有名。そんなApple Inc.のSWOT分析における結果は下のイメージのとおりです。

<Apple Inc.のSWOT分析>

プラスの要因マイナスの要因
内部環境強み(Strength)「ブランド力」「フィットネス」「iPhone」「アップルウォッチ」弱み(Weakness)「価格設定が高額」「スマートスピーカーの需要低下」
外部環境機会(Opportunity)「ガソリン車廃止」「アプリの発展」脅威(Threat)「ITにおける他社競合」「iPhone市場の減衰」

SWOT分析の結果、Apple Inc.のiPhone市場の減衰から今後のモバイル業界への動向が注目されます。

一方、自動車業界やアプリ開発に注力していることから、新規市場への開拓に関連する動きがみられます。Apple Inc.今後の将来的な取り組みに期待しましょう。

まとめ:SWOT分析を武器にマーケティングを展開しよう!

今回は、SWOT分析の仕組みや成功事例について解説してきました。

現状としておかれている企業の立場を客観的に把握することができるため、今後のマーケティングにも応用することが可能。分析結果は、企業にとって大きな資産です。

SWOT分析ついてのご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください