MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

【2020年版】検索エンジンのシェア、
世界中でGoogle最強?!

HOME
【2020年版】検索エンジンのシェア、世界中でGoogle最強?!

2020年の検索エンジンのシェアを日本と世界、ともに紹介します。
また、Googleが人気の理由も説明しています。
ぜひ最後までお読みください。

日本の検索エンジンのシェア

2020年の日本の検索エンジンのシェアはGoogleが 75.53%、 Yahoo!JAPANが15.36%、 Bingが8.47%となっています。

Yahoo!JAPANはGoogleの検索エンジンを採用しているので約90%をGoogle が占めているということになります。 
しかもモバイルだけのをシェア率を見れば 、Google(Yahoo!JAPAN込み)は99%以上占めています 。

日本では調べる時に「ググる」という言葉がよく使われる理由がわかりますね。

世界の検索エンジンのシェア

検索エンジンのシェアに特徴のある中国・韓国・アメリカを紹介します。

中国

中国におけるPCの検索エンジンのシェアはSogouが 53.79%、Baiduが34.76%を占めています。
2020年にSogouがBaiduを超えました。 
Sogouは中国独自の検索エンジンです。 

モバイルの検索エンジンのシェアはBaiduが 83.33%を占めています。
 PC とモバイルでこんなにシェアが違うのは珍しいです。

韓国

韓国では、PC・モバイル共にGoogleのシェア率が80%で日本と同様に1位です。

2位はNaverとなっています。
「Naverまとめ」のサイトを一度は見たことがあるのではないでしょうか?
そのNaverです。

韓国ではNaverは人気の検索エンジンとして利用されています。

アメリカ

アメリカでもGoogleの人気は非常に高いです。
PCは80.91%、モバイルでは94.64%の高いシェア率を誇っています。

ただ、アメリカではBingのPCシェア率が17.05%で、他国に比べてPCでのGoogle以外のシェア率が高いです。

世界で Google のシェアが高い理由 

Googleは世界中で利用されていて、しかも多くの国で利用率90%以上を占めています。

日本ではYahoo!JAPANとGoogleを分けて考えると、2010年のGoogleのシェア率は34%と、Yahoo!JAPANの57%を下回っていました。
しかし今ではGoogleが75%と大幅に上回っています。

なぜGoogleは人気がこれほど上昇したのでしょうか。
人気の理由は次の通りと考えられます。

Androidの出荷台数の多さ

日本ではAndroidよりもiPhoneの人気が高いですが、世界ではAndroidの方が人気が高いです。
AndroidにはGoogleのツールが多く入っているので、Androidの人気と共にGoogleも人気となります。

サービスの多さ

GoogleはGoogleマップやYouTubeなどの人気サービスを提供しています。
これらのサービスの利用率が上がればGoogleの認知度も上がり、検索エンジンもより利用されるでしょう。

シンプルなUI

UIとはユーザーインターフェースのことですが、つまりシンプルで見やすく、使いやすいことが最大の理由だと考えます。
困ったな?と思ったら必要なボタンがそこにある、必要なボタンがすぐ見つかる理由は、目線誘導や余分な情報を限界まで省くことにありますが、UI関連の話は別途記事でお話していきますね。


SEO対策のできるホームページの制作・取り扱いはノキボウ株式会社にお任せ下さい。

群馬県高崎市のホームページ制作会社 ノキボウWEB

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください