MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

SEO対策の目的とは?
10の重要ポイントを解説!

HOME
SEO対策の目的とは?10の重要ポイントを解説!

SEO対策はWebでのマーケティングを展開するためには重要です。しかし、SEO対策の目的をよく理解しておかなければ、せっかく行った対策が無意味なものになってしまいます。

本記事では、SEO対策の目的をテーマに解説しています。さらに、対策での重要ポイントも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

SEO対策とは?その目的は?

SEO対策をする目的は、集客したいWebサイトへのアクセス数とコンバージョン数の両方を増やすことです。

SEO対策でアクセス数を増やすことだけに注力しても、コンバージョン率は伸びません。そのため、Webサイトへのアクセス数は増えても、売上がアップしない結果となってしまいます。

SEO対策の重要ポイント10選

ここでは、Webマーケティングの目的にマッチしたSEO対策の重要ポイントを紹介します。

 タイトルは32文字以下

Webサイトに掲載する記事にはタイトルをつけますよね。タイトルの文字数は、32字以下にしましょう。

その理由は、検索結果に32字よりも多い文字が表示されないためです。タイトルを全文見られないことで、ユーザーに内容が伝わりにくくクリック率の低下に繋がってしまいます。

 ディスクリプションは約120文字

ディスクリプションは、ユーザーや検索エンジンにページの概要を伝えるためのものです。実は、このディスクリプションも120字より多い文字が表示されません。

表示されない箇所に、ユーザーの意図する文章を記載しても意味がありませんよね。SEO効果も半減しますので、やめておきましょう。

 見出しは正しく配置する

正しい見出しの配置とは、タグの構成のことを指します。そもそも見出しタグは、「h1→h2→h3→h4→h5→h6」の順で記述しなければなりません。

それが、「h3→h2」で記述していると、検索エンジン側からすればページの階層が分かりにくいです。そのため、SEO的にも影響を受ける可能性があります。

 見出しに指定キーワードを入れる

見出しは、ユーザーに対して本文の内容を簡潔に伝えるところです。また、検索エンジンにとっても記事内容を把握するための、重要なポイントといえます。

見出しタグのなかでも「h1タグ:タイトル」や「h2タグ:大見出し」には、必ず指定キーワードを入れるようにしましょう。

 共起語の重要性

共起語とは、同じような内容の文章でよく使われている関連性の強い文字(ワード)のことです。

指定キーワードの共起語を記事中に入れることで、そのキーワードに関しての専門性を高めることができます。

 本文に指定キーワードを入れすぎない

2018年以前は、記事の本文中になるべく指定キーワードを多く入れることがSEO対策の主流でした。

しかし、2020年のSEO対策では、本文に指定キーワードを入れすぎて意味が伝わりにくい文章は、SEOの評価が下がるため注意しましょう。

 誤字脱字はNG

誤字脱字がユーザーに与える印象は大きく、ページ内に誤字脱字が多いと評価が下がります。

Webサイトを巡回している検索エンジンのクローラーは、ページ内の誤字脱字をチェックしていますので注意しましょう。

 1文は80文字で区切る

1文の文字が多い(文章が長い)とユーザーは読むのが疲れてしまい、書かれている内容を理解してもらえないことが多いです。

また、2020年以降の検索エンジンでは「スニペット」と呼ばれる、検索最上位に表示される仕組みが導入されているため、80字程度で区切る文章であれば、ヒットする可能性が高まります。

 正しく句読点を使用する

句読点が正しく使われていない場合、ユーザーが読みにくいだけでなく、句読点の位置が変わることで文章の捉え方が変わってしまうことがあります。

そのため、正しく句読点を使うことは必須です。

 読みやすい文章を意識する

検索エンジンはWebサイトを評価するために、ユーザーにとって有益な内容であるか、読みやすい文章であるかを評価しています。

そのため、読みやすい文章を意識することもSEO対策の重要ポイントです。

まとめ:SEO対策を理解して目的を達成しましょう!

目的を達成するためには、SEO対策についてきちんと理解しておく必要があります。そもそも、間違ったSEO対策を行っても意味がありません。

本記事では、SEO対策の重要さについてふれてきました。しかし、まだまだ分からないことも多いですよね。SEO対策に関するご相談は、ぜひノキボウWEBまでお問い合わせください。

群馬県高崎市のホームページ制作会社 ノキボウWEB

 

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください