MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

コンテンツマーケティングとは?
基礎知識やSEOとの違いについて学ぶ!

HOME
コンテンツマーケティングとは?基礎知識やSEOとの違いについて学ぶ!

コンテンツマーケティングといえば、ユーザーに対して有益なコンテンツを発信するマーケティング戦略としては有効な手段です。

本記事では、コンテンツマーケティングをテーマに解説しています。また、メリットやSEOとの違いについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コンテンツマーケティングとは?基礎知識について学ぶ!

まずは、コンテンツマーケティングの基礎知識から解説します。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、潜在的な対象者(ユーザー)に対して高品質なコンテンツを提供し、そのコンテンツを気に入ってもらう(ファン化する)ことで、見込み顧客を増やす戦略の1つです。

集客や売上を伸ばすためには、有効なマーケティング戦略といえるでしょう。後述しますが、コンテンツマーケティングの手法には、いくつか種類が存在します。どのマーケティング手法がマッチしているのか、よく分析して活用することが大切です。

コンテンツマーケティングのメリットは?

それでは、コンテンツマーケティングのメリットについてみていきましょう。

専門家としての信頼性が向上する

ユーザーの興味を惹くコンテンツを提供し続けるマーケティング手法のため、その分野で信頼できる専門家として認識してもらえるようになります。そのため、ブランディングしやすいというメリットがあります。

広告の宣伝費用を抑えられる

Web広告と比べて宣伝にかかるコストが安く、1度掲載したコンテンツは削除しない限り残ります。低ランニング・低コストでコンテンツを増やし続けることができることもメリットといえるでしょう。

幅広く自然な形で周知できる

ユーザーの興味を惹くことができれば、WebやSNSなどのさまざまなマーケティング手法を通じて、幅広く自然な形で情報を周知させることができます。具体的なコンテンツマーケティングの手法については後述します。

コンテンツマーケティングとSEOとの違いとは?

SEOでのマーケティング手法は、コンテンツを検索エンジンの上位表示させてユーザーの目につきやすくすることで、集客や売上を伸ばすという方法です。

それに対して、コンテンツマーケティングの手法は、ユーザーの興味を惹くコンテンツを発信することで集客や売上に繋げる方法です。

コンテンツマーケティングとSEOの手法は似ていますが、その本質はそれぞれに異なりますので注意しましょう。考え方を混同してしまうと、上手く成果に繋がりません。

コンテンツマーケティングを実践したい方必見!広めるための手法とは?

次に、コンテンツマーケティングの手法について紹介します。

SNSマーケティング

TwitterやFacebookといったSNS (ソーシャルネットワーキングサービス) は、幅広い世代に自然な形でコンテンツを拡散することができます。

また、ユーザーと直接コミュニケーションを図ることで、より近くでユーザーの反応・感想を知ることができます。さらに、共感を生み出す効果を期待できるのも魅力といえるでしょう。

SEO

SEOでは、検索エンジンで上位表示させなければなりません。

ユーザーにとって有益な情報だけでなく、検索エンジンのアルゴリズムにも評価されるコンテンツである必要があります。SEOで集客し、次にコンテンツマーケティングでコンバージョンを向上させることで集客増・売上増が目指せます。

Web広告

広告主側から不特定多数に向けて強制的に発信するコンテンツとは異なり、コンテンツマーケティング型(ネイティブ型広告)のWeb広告にすれば、対象者が求めている情報を提供することができます。この場合、ユーザーから拒否感を持たれる可能性は低いといえるでしょう。

広告の内容とターゲットとがマッチすれば、高い確率で興味を惹くことができます。

メールマーケティング

メール配信を通じてコミュニケーションを図る手法で、以前から存在する方法の1つです。

メールは現在でも有効なコミュニケーションツールですので、身近なメディアで活用すれば、多くの潜在的なユーザーにコンテンツを届けることができます。

まとめ:コンテンツマーケティングを実践して集客・売上アップを図ろう!

コンテンツマーケティングを実践することで、集客アップ・売上アップを図ることができます。しかし、そのためにはユーザーにとって魅力的なコンテンツを作らなければなりません。

コンテンツマーケティングに関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください