MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

【2021年度版】Webサイトのデザインと
SEOとの関係性は?与える影響について解説!

HOME
【2021年度版】WebサイトのデザインとSEOとの関係性は?与える影響について解説!

2021年では、WebサイトのデザインがSEOに大きな影響を与えます。それはなぜでしょうか。結論から申し上げますと、ユーザーにとって見やすく分かりやすいWebサイトが価値を持つためです。

本記事では、WebサイトのデザインとSEOとの関連性をテーマに解説しています。具体的なSEOへの影響についてもふれていますので、ぜひ参考にしてください。

2021年度最新版!WebサイトのデザインとSEOとの関係性とは?

2021年は、WebサイトのデザインがSEO対策の要素として重要視されることでしょう。ここでは、その理由とSEO評価を受けやすいサイトデザインについて詳しく解説していきます。

WebサイトのデザインがSEOに影響を与える3つの理由は?

検索に関するユーザーの動向はGoogle側で分析され、SEO評価として反映されています。そして、ユーザーの動向はWebサイトのデザイン性にも大きく影響します。その理由についてみていきましょう。

デザイン性の高いWebサイトに価値を感じるため

デザイン性の高いWebサイトは、閲覧したユーザーにとって価値を感じやすいといわれています。特に物販などを扱うECサイトは高いデザイン性が求められ、レイアウトや配色など綺麗なサイトがSEO効果を発揮する傾向にあります。

離脱率や直帰率に大きく影響するため

検索エンジンのSEO評価の1つとして、直帰率や離脱率は重要な指標といえます。またWebサイトのデザインが良質で受け入れやすい第一印象であれば、ユーザーの直帰率や離脱率を抑えることができます。デザイン性の高いWebサイトほど、ユーザーから興味を惹きやすいといえるでしょう。

ファンを獲得しやすいため

2021年度のSEO評価の1つに、エンゲージメント(ファンの獲得)が大きく影響することがあります。代表的な例として、SNSで集客できているWebサイトは、検索エンジンでも上位表示しやすい傾向にあります。デザイン性の高いWebサイトは、ファンを取り込むきっかけになるでしょう。

検索エンジンにSEO評価を受けやすいサイトデザインとは?

Webサイトが検索エンジンで上位表示するためには、SEO対策を実施する必要がありますが、デザイン性も深く関わってきます。確かに、2021年はデザイン性の高いWebサイトがSEO評価を受けやすい傾向にあります。その理由については前述しましたが、それだけでは不十分でしょう。では、具体的に何をどのようにすればよいのでしょうか。

本記事では、デザイン性の高いWebサイトを構築することが重要であることを述べてきました。しかし、さらに下記の2つのことを意識する必要があります。

  • 検索エンジンが理解できるHTMLソースで記述する
  • サイトスピードに影響するような記述は避ける

Webサイトのデザインは、ユーザーだけに影響するということではありません。検索エンジンにも理解できるようなコードで記述する必要があります。検索エンジンでも理解できるという表現が難しいかもしれませんが、補足すると、クロールされやすい記述でサイト構築することが大切だということです。

2018年以降に変化したWebサイトのデザインとSEOの傾向について解説!

2018年3月を起点に、検索業界ではパソコンよりもモバイル端末での検索が主流となりました。そのため、モバイル端末でも見やすい「モバイルフレンドリー対応」の重要性が高まりました。

さらに、モバイル端末でもパソコンと同じように表示されるレスポンシブ対応も推奨されたことから、SEOにおいてもモバイル的な要素が深く関係しています。

つまり、2018年以降は、パソコン向けにWebサイトよりも、モバイル端末向けのWebサイトを構築する方が優先されるようになりました。その結果、2021年ではデザインとSEOに関するポイントとして、次の2つが重要視されています。

  • モバイル端末でもデザイン性の高いWebサイトがSEO効果を発揮しやすい
  • デザイン性の高いWebサイトが集客の窓口となりやすい

2021年では、モバイル端末でデザイン性の高いWebサイトが表示されれば、ファンも獲得しやすく大きく集客することができるといわれています。さらに、SNSの普及により、Webサイトの用途が変化しつつあります。

従来のWebサイトは、集客から成約までサイト内で完結していました。しかし、2021年は、Webサイトで集客、SNSやLPに送客して成約というように、Webサイトを経由して外部サービスに送客して売上に繋げる傾向がみられます。

まとめ:2021年はデザイン重視のWebサイトがSEO効果を発揮する!

2021年は、デザイン性の高いWebサイトが、SEO効果を発揮しやすいといえます。そのため、ユーザーにとって見やすく分かりやすいサイト構築を心掛けましょう。ただし、検索エンジンがクロールしやすい記述をしなければなりません。さらに、サイトスピードもSEOに影響するため、サイト表示が重くなるような記述方法は避けましょう。 とはいえ、SEOに効果のあるWebサイトのデザインについては、分からないことも多いと感じる方も少なくありません。お気軽に、ノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください