MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

グレーハットSEOとは?
特徴や施策方法について解説!

HOME
グレーハットSEOとは?特徴や施策方法について解説!

ブラックでもホワイトでもなく、中間に位置するグレーゾーンを意識したSEO対策のことをグレーハットSEOと呼びます。

具体的に、どのような施策を行えばよいのか分からない方もいることでしょう。本記事では、そんなグレーハットSEOをテーマに解説しています。特徴だけでなく、施策方法についても紹介しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

グレーハットSEOとは?ブラックとホワイトの違いも解説!

グレーハットSEOとは、検索エンジンのルールに基づくグレーな施策を活用してSEO対策すること。一般的に、日本では検索エンジンといえばGoogleのことを指します。

そもそも、SEO対策には下記の2つの施策方法が存在します。

  • ホワイトハットSEO:検索エンジンのルールに則ったSEO対策
  • ブラックハットSEO:検索エンジンのルールに違反したSEO対策

とはいえ、SEOにおけるグレーゾーンが分からないことでしょう。要するに、Googleの検索エンジンには、Google検索品質評価ガイドライン(https://static.googleusercontent.com/media/guidelines.raterhub.com/ja//searchqualityevaluatorguidelines.pdf)」のようなルールが存在します。

ルールに則ってSEO対策を行わなければ、ペナルティを受けて円滑なWebサイト運営ができません。そのため、ルールに則ったホワイトハットSEOを実践する企業も少なくありません。

しかし、ホワイトハットSEOは、成果を出すための期間が長すぎるという欠点があります。そのため、ブラックハットSEOに取り組む動きもみられます。ただし、ブラックハットSEOは、一時的な集客・売上は目標達成できてもペナルティの対象になりやすく、長期的に見ればリスクは避けられません。

そこで、注目されている概念がグレーハットSEOです。

グレーハットSEOの施策ポイント3選!

それでは、グレーハットSEOの注意点と施策ポイントについてみていきましょう。

グレーハットSEOの注意点

グレーハットSEOの特徴は、あくまでもブラック要素限界の施策に取り組むことです。ブラックな要素に入り込むと、すぐにペナルティの対象となり、円滑なWebサイト運営が行えません。ここでは、下記要素について注意しましょう。

  • コンテンツの自動生成
  • スパムコメント
  • ゲートウェイの不正
  • 隠しテキスト・リンク
  • キーワードの多用

挙げればキリがありませんが、詳細については前述した「Google検索品質評価ガイドライン」をご確認ください。

3つの施策ポイントとは?

次に、グレーハットSEOの具体的な施策について紹介します。

被リンク獲得に向けた営業活動

不正な被リンク獲得はルール違反ですが、営業活動によって獲得した被リンクについては問題ありません。ちなみに、自作自演の被リンクはやめておきましょう。

リライトを中心としたコンテンツ管理

自動生成したコンテンツをそのままアップロードすることはルール違反です。しかし、自動生成されたコンテンツをリライトして公開することは問題ありません。ユーザーの求めている内容を意識してリライトしましょう。

適度なキーワードの配置

SEO対策において、指定キーワードの配置は必至です。現在の検索エンジンの仕組み上、どうしてもキーワードを配置しなければ、検索にかかってくれません。多用はよくありませんが、適度に配置しましょう。

まとめ:グレーハットSEOに取り組んでサイトをメンテナンスしよう!

SEO対策における概念として、グレーハットSEOが注目されています。今回は、そんなグレーハットSEOについて解説してきましたが、具体的にどのような施策をすればよいのか分からないWebマスターもいることでしょう。 また、グレーハットSEOはブラック寄りにならない施策が重要なポイントといえます。グレーハットSEOに関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください