MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

ロングテールSEOとは?
メリットや施策方法など解説!

HOME
ロングテールSEOとは?メリットや施策方法など解説!

SEO対策の手法にロングテールSEOがあります。

ロングテールSEOとは簡単に説明すると、SEOにロングテールキーワードを使う手法のこと。この手法で対策を行えば、キーワード単体での集客は小さくても多くのアクセスを獲得できる可能性があります。

本記事では、ロングテールSEOについて解説しています。また、メリットやデメリット、具体的な施策方法についても紹介しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

ロングテールSEOとは?特徴やメリットなど解説!

まずは、ロングテールSEOの特徴から詳しくみていきましょう。

ロングテールSEOの特徴とは?

ロングテールSEOとは、ロングテールキーワードを使ったSEO対策のこと。そもそもロングテールとは、ECサイトなどで売れ筋商品の売上を、それ以外の商品(テール商品)の売上合計額が上回る現象を指します。

そして、ロングテールキーワードとは、売れ筋商品であるビックワードではなく、ビックワードに複数のさまざまなスモールワード(テール商品)を組み合わせたキーワードのことです。

スモールワードの特徴は、主に下記の2つ。

  • 検索数が少ない
  • 検索需要が小さい

そのためロングテールSEOでは、ビックワードにいくつかのスモールワードを組み合わせたコンテンツを量産し、多くのアクセスを獲得する手法になります。

ロングテールSEOのメリット・デメリット

ビックワードにさまざまスモールワードを組み合わせたロングテールキーワードで作成したコンテンツは、ニッチなユーザーからのアクセスを獲得できる可能性があります。

また、ターゲットが絞り込みにくいビックワードのみのコンテンツとは異なり、ニッチワードを組み合わせることで、ユーザーのさまざまなニーズに対応できるコンテンツ作成ができるのがメリットです。

しかし、多くのコンテンツ作成する対策であるため、組み合わせるキーワードの選定が大変だと感じる方も少なくありません。組み合わせるキーワードをよく考えておかなければ、品質の低いコンテンツばかりを量産してしまいがち。

そのため、計画的に進めないと中途半端な対策になりやすいというデメリットがあります。

おすすめ!ロングテールSEOの施策方法を3ステップで紹介!

ここでは、ロングテールSEOの具体的な施策手順について紹介します。

  1. キーワード選定
  2. 執筆前に構成を作成する
  3. 構成に沿って執筆

それぞれの手順について、詳しくみていきましょう。

ステップ1 キーワード選定 

ロングテールキーワードはビックワードに複数のさまざまなスモールワードを組み合わせたことを特徴とするため、まずコンテンツでメインとするビックワードの選定は重要です。

そして、どんなユーザーをターゲットにするかを決め、組み合わせるスモールワードを選定していきます。

ステップ2 執筆前に構成を作成する

執筆をしながらコンテンツの構成を考えると、ターゲットが不明確なコンテンツになりやすいです。

そのため、執筆前にターゲットとしたユーザーに対し、どんな情報を提供すれば検索してもらえるかなどを考え、コンテンツの構成を作成した後に執筆を開始しましょう。

ステップ3 構成に沿って執筆

コンテンツの構成を作成したらその構成に沿って執筆していくのですが、ロングテールSEOでは、コンテンツ作成とともに管理も重要となってきます。上記で紹介したように、大量にコンテンツを作成する必要があるため、低品質なコンテンツを作成しやすいことや計画的に進めないと中途半端な対策になりやすいです。

そのため、定期的に解析ツールを使って作成したコンテンツをチェックしなければなりません。

作成から日数が経過しているコンテンツは、リライトして品質を保ったりユーザーがあまり訪問してこないコンテンツは手直しを加えたりしましょう。

まとめ:2021年でやるべきロングテールSEOの本質を理解しよう! 

ロングテールSEOは最新の対策ではありませんが、2021年現在でも有効な手法の1つです。

ただし、2021年のロングテールSEOでは、ユーザー目線で情報を捉えることが特に重要。そのため、ユーザー目線でのキーワード選定を心掛けましょう。

ロングテールSEOに関することでご相談したいことがある場合は、インターネット広告やSEO対策、ホームページ構築や改善を伴う運用保守といったサービスを提供しているノキボウ株式会社まで、ぜひお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください