MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

アンノウンマーケティングとは?
特徴や仕組み・活用手順などを解説!

HOME
アンノウンマーケティングとは?特徴や仕組み・活用手順などを解説!

アンノウンマーケティング(Unknown Marketing)について、知りたい方に必見。もともと、アンノウンとは、「まだ見たことがない」「まだ知らない」といった意味を持つ英単語です。

マーケティングとは、ターゲットを想定して行うものですが、「まだ知らない人」へのマーケティングとはどういうことなのでしょうか?

本記事では、アンノウンマーケティングの特徴と仕組み、そして活用手順や問題点についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

アンノウンマーケティングとは?

一昔前までは、アンノウンユーザーはサイトの訪問者のうち9割以上を占めていたため、的確なアプローチができずにいました。しかし、そんななかで注目された「アンノウンマーケティング」であれば、ほぼすべてのユーザーに対しても個別の趣向に合わせたアプローチの実現が可能です。

それでは、アンノウンマーケティングとはどのような特徴なのか?そしてなぜ注目されたのか?順を追って解説していきます。

アンノウンマーケティングの特徴!

アンノウンマーケティングは、ある企業のWebサイトに個人情報など登録せず閲覧しているアンノウンユーザーに対して行われます。基本的には、閲覧履歴をはじめとした行動パターンの分析から、ユーザー個人に適したコンテンツを用意します。

近年、企業側が顧客を増やすために用いられるツールは、マーケティングオートメーションという手法が注目を浴びています。これは、マーケティングを自動化させる仕組みのことです。

この仕組みを活用することで、自分達の顧客になりそうな見込み客の分析を行い、適したコンテンツ誘導をしつつ可視化することができます。

そうすることで、最終的に質の高い顧客リストを作ることができ、効率よく営業をかけられるようになるでしょう。

アンノウンマーケティングが注目されるようになった理由は?

これまでのマーケティングオートメーションは、確かに分析力と顧客に育てるまでのアプローチ力は優秀でした。しかしながら、簡易的に利用するだけで詳細が分からないアンノウンユーザーに対して、個別にアプローチするのは実現が厳しいとされていたのです。

そしてこういった問題点は、インターネットやデジタル文化が発展するとともに解決されていくこととなります。

具体的には、DMPというインターネット上に記録されているデータ管理のためのプラットフォーム(標準環境)が普及したことで、個人のユーザーに対する分析が可能となりました。

このような経緯から、詳細まで取得できないユーザーからも初歩的なアプローチから段階的に顧客に近づける戦略が非常に効率よく、多くの注目を集めたというわけです。

アンノウンマーケティングの活用手順は?

それでは、具体的にどのような流れで顧客化までに至るのか解説していきます。

大まかな手順としては、

  1. 閲覧履歴を蓄積
  2. Web上での行動履歴をモニタリング
  3. 個別にアプローチ

それでは、具体的な内容について順番にみていきましょう。

閲覧履歴を蓄積では、閲覧履歴を蓄積して、情報収集を実施。その後、訪れた顧客にCookieなどでIDを付与し、データベースにまとめて「顧客リスト」を作成します。

次に、Web上での行動履歴をモニタリングでは、付与したIDを利用して顧客のWeb上の行動履歴や閲覧履歴をモニタリングします。これにより、顧客の趣味・傾向を把握することが可能となるでしょう。

そして、個別のアプローチとは、モニタリング結果をもとに個別にアプローチすることを指します。アプローチの方法は、主に「インターネット広告を利用した未知のユーザーとのコミュニケーション」や「WEBサイト内での未知のユーザーとのコミュニケーション」が挙げられます。

まとめ:アンノウンマーケティングを上手く活用して顧客を獲得しよう!

アンノウンマーケティングに成功すればとてつもない成果が得られることは想像できます。同時に難易度が高いマーケティング手法ではありますが、競合他社に大きく差をつけるためには避けては通れない道なのかと感じます。

時代の流れとともに、デジタル文化の技術力は進化を続けており、数多くの分野で活躍を見せています。マーケティングにおいても、それぞれの企業が抱える顧客、問題点に対して試行錯誤を重ねていくことが大切ですね。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください