MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

トンマナとは?
意味と設計するための3つのポイントを紹介!

HOME
トンマナとは?意味と設計するための3つのポイントを紹介!

マーケティングを成功させるためにはブランディングが必須ですが、そのブランディングを構築するうえで重要なポイントといえばトンマナを揃えることです。

商品やサービスが持つ世界観を消費者に伝え、共感を得るためにもトンマナが注目されていますが、具体的にどのような施策を行えばよいのか分からないですよね。

本記事では、Webサイトのトンマナをテーマに解説しています。また、設計するためのポイントも紹介しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

トンマナの意味とは?必要性や重要視する理由について解説!

まずは、トンマナとは何なのか詳しく解説していきます。

トンマナとは?

トンマナとは「トーン(tone)」と「マナー(manner)」の略語です。それぞれの意味は、次のとおり。

  • トーンの意味:調子・色調
  • マナーの意味:様式・やり方

もともとは、広告や出版業界で使われていた用語ですが、近年Webマーケティングでのブランディング(ブランド戦略)でもよく耳にします。Webマーケティングにおいて、ブランディングが重要視されるようになっており、広告や出版業界以外の業界でもデザイン・スタイルに一貫性を持たせる意味でトンマナが注目されています。

トンマナを重要視する理由とは?

企業のWebマーケティングにおけるブランド戦略で、トンマナを揃えることが重要視されている理由は、Webサイトのデザインやスタイルに一貫性を持たせるためです。Webサイトに一貫性がみられれば、企業が商品やサービスについて消費者に伝えたい意図を明確にすることができます。

例えば、下記のような内容を統一するだけで、Webサイトのトンマナを揃えることができます。

  • フォント
  • 文体
  • カラー
  • デザイン

これらを統一するだけでトンマナを保つことができ、ブランディングを強調しながらファンを獲得しやすくなります。

トンマナを設計するための3ステップについて解説!

次に、トンマナを設計するためのポイントについてみていきましょう。

ターゲティングを選定する

トンマナを設計するためにまずやるべきことは、ターゲティングの選定です。

どの年齢層や性別、国籍の方を対象に、商品・サービスを提供するのか決定する必要があります。年齢や性別が異なれば、好みのカラーやスタイル、デザインも異なりますよね。選定したターゲットに合わせて、トンマナを設計していきましょう。

コンセプトを決定する

ターゲットを選定したら、次にコンセプトを決めていきます。

マーケティングやブランディングでコンセプトを決定することは、方向性を定めるためには必須といえます。ちなみに、ここでいうコンセプトの意味とは、制作者が込めた意図・目的・思いなどの世界観のことですが、そもそもコンセプトを明確にしていなければ方向性も定まりません。

そのため、ターゲティングを選定したら、コンセプトも明確にしておきましょう。

一貫性を持たせたWebサイトを構築する

そもそも、トンマナとはデザインやスタイルに一貫性や統一感を持たせることです。

Webサイトや紙面(誌面)、広告などいくつかの媒体でマーケティングを展開する際に一貫性を持たせておけば、選定したターゲットに大きな印象を与えることができるでしょう。現代は、Webサイトのブランディングが成功すれば、大きなビジネスチャンスに繋がる可能性も秘めています。

カラーやデザインに一貫性を持たせたWebサイトを構築して、ブランディングを確立しましょう。

まとめ:トンマナを意識して品質とブランド力に役立てよう!

企業のブランド戦略を成功に導くためには、伝えたいメッセージを正確に伝え、共感してもらう必要があります。そのためには、トンマナを意識して揃えることが重要です。

しかし、Webサイトのトンマナの概念や設計方法が難しいと感じる企業も少なくありません。トンマナに関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください