MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

301リダイレクトと302リダイレクトの違いは?
用途や使い方について解説!

HOME
301リダイレクトと302リダイレクトの違いは?用途や使い方について解説!

運営しているWebサイトのリンクが正しく反映されているか、定期的に確認することは重要。なかでも、リダイレクトによる設定が存在します。

そもそも、リダイレクトには、下記の2種類が挙げられます。

  • 301リダイレクト
  • 302リダイレクト

それぞれに用途や使い方が異なるため、違いについてよく理解しておく必要があります。本記事では、301リダイレクトと302リダイレクトの違いについて解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

301リダイレクトと302リダイレクトの明確な違いは?

リダイレクトとは、Webサイトの訪問者を指定したURLに自動転送する設定のことです。ここでは、そんなリダイレクトについて、詳しく解説していきます。

301リダイレクトとは?

301リダイレクトとは、Webサイトのページリンクを完全に移動させ、そのリンク先を継続的に使い続ける場合の設定です。これまで得たWebサイトやページの評価を引き継げることが大きな特徴です。

Webページの内容を変更したり修正したりするために、新規取得したURLに乗せ換えると、Googleなどの検索エンジンから得られる評価はゼロになります。しかし、301リダイレクトを設定しておけば、これまでの評価を引き継ぐことができますので、検索順位が下がる心配はありません。

ただし、よい評価ばかり引き継げるということではありません。もちろん、悪評も引き継がれますので注意しましょう。

302リダイレクトとは?

302リダイレクトとは、一定期間に限定して、Webページの訪問者を指定したURLに自動転送する設定です。主に、Webサイトをメンテナンスする際に活用されています。

例えば、サイトメンテナンスを周知させるために、一時的にお知らせページに遷移させる場合に設定します。また、短期間のキャンペーンなどでも、内容の告知を周知させるために設定するケースも少なくありません。

301リダイレクトと302リダイレクトの使い方の違いは?

過去に、301リダイレクトを設定すれば元ページの評価が引き継げて、302リダイレクトでは引き継げないという違いがありました。しかし、現代ではどちらのリダイレクト方法でも評価を引き継ぐことができます。

Google Search Consoleのヘルプhttps://developers.google.com/search/docs/advanced/crawling/site-move-with-url-changes?hl=ja)&visit_id=637439455602028456-1487593691&rd=1

に明記されていますので、ぜひ参考にしてください。

つまり、どちらのリダイレクト設定をしてもSEO効果に違いはありません。大きな違いといえば、下記の2つでしょう。

  • 301リダイレクト:継続的にリンクを自動転送する
  • 302リダイレクト:一時的にリンクを自動転送する

具体的には、Webサイトを別のURLに乗せ換えて運用したいのであれば301リダイレクト。また、約1週間だけURL転送したいなら302リダイレクトがおすすめです。

まとめ:リダイレクトの仕組みを理解してSEO対策しよう!

SEO対策において、301リダイレクトと302リダイレクトの役割を理解しておくことは重要です。どちらを設定しても、検索エンジンからの評価はほとんど変わりません。

しかし、具体的なリダイレクトの設定方法は初心者には難しいでしょう。リダイレクトに関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください