MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

ホームページアドレスとドメインの違いとは?
URL最後の「/」の意味も解説!

HOME
ホームページアドレスとドメインの違いとは?URL最後の「/」の意味も解説!

ホームページアドレスとURLは何が違うのか知りたい方に必見です。また、ドメインについても詳しく知りたい方もいることでしょう。

本記事では、ホームページアドレスをテーマに解説しています。URLやドメインとの違いだけでなく、URL最後の「/」の意味についても紹介しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

ホームページアドレスとドメイン・URLの違いは?

ホームページアドレスとドメイン、URLにはどのような違いがあるのでしょうか。まずは、概要を下記にまとめます。

  • ホームページアドレス:https://nokibou.jp/
  • ドメイン:nokibou.jp
  • URL:https://nokibou.jp/

それでは、詳しくみていきましょう。

ホームページアドレスとURLは同じ?

結論から申し上げますと、ホームページアドレスとURLは同じ意味。前述したとおり、https://~から始まります。日本ではURLとホームページアドレスを混同しても意味が通じますが、万国共通の方はURLです。

それでは、なぜホームページアドレスとURLは読み方が異なるのでしょうか。

そもそも、ホームページアドレスは日本独自で呼ばれている名称です。また、URLはインターネット上の住所のことですが、日本では住所のことをアドレスと呼んでいたことが由来しています。

ドメインとの違いは?

ドメインは、もともと英語で領地や領土という意味です。しかし、インターネット上ではURLやアドレスを分かりやすくするためのこと。つまり、インターネット上に存在するコンピューターやネットワークを識別するための名前のことです。

インターネットでWebページにアクセスする際は、IPアドレスで指定されます。しかし、IPアドレスの数列では覚えられないため、「nokibou.jp」というような文字列に置き換えられます。

つまり、スマホやパソコンで文字列のドメインを入力することで、スマホやパソコンが数列のIPアドレスに自動変換してくれているのです。

URL(ホームページアドレス)の最後の「/」の意味とは?

URL(ホームページアドレス)の最後の「/」は、ディレクトリを表しています。

ディレクトリとは、コンピューターファイルをグループ化するための特殊なファイルのこと。URLの最後に「/」がない場合は、ディレクトリではなくファイルとして認識されてしまい、エラーが表示されてしまうでしょう。

そのため、「https://nokibou.jp」のように「/」がついていない場合でも、Webサーバーでは「/」を自動で表示してくれます。

つまり、URLの最後の「/」は、ディレクトリとファイルをグループ化する役割を担っているということがいえます。

まとめ:ホームページアドレスを正しく理解しよう!

IT用語には、ホームページアドレスやURL、ドメインなど、酷似した言葉が存在します。そこで、今回はそれらの用語の違いについて解説してきました。また、URL(ホームページアドレス)の最後の「/」はディレクトリとファイルをグループ化するための特殊な意味を持ちます。

本記事を参考に、ホームページアドレスやURL、ドメインの違いについて正しくご理解いただければ幸いです。ホームページアドレスについてのご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください