MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

Web開発言語のトレンドは?
おすすめの言語を厳選して紹介!

HOME
Web開発言語のトレンドは?おすすめの言語を厳選して紹介!

Web開発の経験が浅い企業担当者に必見。Web開発やサイト設計するにあたり、プログラミング言語のトレンドを理解することは重要なステップです。

インターネット社会であり、常に多様な情報が溢れている現代。常に流行は変わり次々と新しいものが生まれていきます。

本記事では、Web開発言語のトレンドについて解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

Web開発とは?トレンドについても考察!

Web開発とは、分かりやすく説明するとWebアプリやWebシステムをプログラミングし開発、制作すること。現代のインターネット社会のなかでGoogleやYahooなどの検索エンジンで表示されるコンテンツやアプリなど、プログラミング言語を活用してWeb開発されています。

そして、言語にはスクリプト言語とコンパイラ言語の2種類が存在。それぞれの特徴について、下表にまとめました。

Web開発言語の種類概要
スクリプト言語ソースコード(命令文)を入力し、簡易的にプログラミングができる言語
コンパイラ言語機械的に翻訳しプログラミングする言語

また、Web開発において、クライアントサイドとサーバーサイドの用途に応じて使い分けることも重要。主に、現場でWeb開発に使用されているプログラミング言語の一部をまとめました。

クライアントサイド(サイトやアプリに訪問、利用した利用者)JavaScriptHTML/CSS など
サーバーサイド(サイトやアプリの提供側)PythonRubyPHPGoJava など

そして、2021年のWeb開発言語のトレンドといえば、「Java」が支持されています。

その理由は、メタバース系のVR(仮想空間)技術の開発や3Dコンテンツの運用で用いられるため。2022年以降もこの動きは加速するとみられています。

2022年の主要トレンド!Web開発におすすめプログラミング言語を紹介!

ここでは、2022年の主要トレンドとなりえるWeb開発言語について紹介します。なお、将来性の期待されている定番のWeb開発言語「Java」を除いたプログラミング言語をピックアップしました。

  • Python:AIや機械学習、IoTの開発、Webアプリの開発
  • Ruby:Webアプリの開発、スマホアプリの開発
  • JavaScript:Webアプリの開発、スマホアプリの開発、ゲーム開発

これらのプログラミング言語は汎用性も高く、操作性も比較的容易のため初心者の企業担当者でも対応可能。比較的シンプルなコード入力なのが特徴で、目的別に活用してみるとよいでしょう。

また、Web開発に慣れていない企業担当者はスクリプト言語とコンパイラ言語のうち、比較的容易に操作できる「スクリプト言語」が圧倒的に使用しやすいと思われます。

難しい言語も多く、流行も目まぐるしく変わるWeb開発環境。Web開発におけるトレンドを意識することは、円滑に業務を遂行するためにも重要なポイントといえます。

まとめ:Web開発言語のトレンドを意識しよう!

今回は、Web開発言語のトレンドについて解説してきました。

2021年下半期から、メタバース系の仮想空間や3D世界が注目されるようになりました。それに伴い、Web開発言語のうちJavaの需要が高まる傾向にあります。そして、2022年以降も、このトレンドは続くと予測されます。

しかし、時代の変化とともにWeb開発環境も変化します。次々に登場するWeb開発環境に対応できるようにするためにも、常にトレンドを意識した心掛けは重要です。

Web開発言語に関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください