MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

テクニカルライティングとは?
業務における必要性・具体例を解説!

HOME
テクニカルライティングとは?業務における必要性・具体例を解説!

インターネット社会の拡大と普及により、テクニカルライティングの重要性や必要性がみられるようになりました。

例えば、電化製品の取扱説明書や研究論文、手順を示した技術的仕様書などが挙げられます。

本記事では、テクニカルライティングの特徴や具体的な内容、活用例などについて解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

テクニカルライターとは?ライティングにおける業務内容など解説!

テクニカルと耳にすれば、技術的なイメージを持つ方もいることでしょう。

テクニカルライターとは、取扱説明書や論文などの技術文書を取り扱う人のこと。近年市場を拡大しているWebライターやSEOなどの概念とは異なるため注意が必要です。

まずは、テクニカルライティングの特徴から、詳しくみていきましょう。

テクニカルライティングとは?

テクニカルライティングとは、科学研究などの論文や取扱説明書などの、エビデンスに基づいた技術文書のこと。ビジネス文書のように、品格のある丁寧な言葉で内容を取りまとめる必要があります。

そのなかで正しく日本語を取り扱い、読者に対して分かりやすく、見やすいレイアウトを意識しなければなりません。

テクニカルライターの業務内容は?

テクニカルライターの業務内容は、テクニカルライティングを実践すること。例えば、下記のような内容が挙げられます。

  • 研究論文
  • 技術翻訳
  • 法律系ライティング
  • カタログライティング
  • マニュアルライティング
  • 設計図 など

このように、テクニカルライティングにおける業務の範囲は幅広く、各分野で必要とされています。

テクニカルライティングの重要性と具体例を紹介!

テクニカルライティングは、技術的なライティング要素を含むため、正しい日本語だけでなくビジネスに精通するテクニカルコミュニケーションを理解していなければなりません。

テクニカルライティングを学ぶには、一般社団法人テクニカルコミュニケーター協会の「3級テクニカルライティング試験(TW)」がおすすめ。ビジネスにおけるテクニカルライティングの技法やコミュニケーションの重要性が高まっている背景から、基礎知識から実践で活用できる技術を身につけておくことは重要なポイントです。

それでは実際、テクニカルライティングは、どのような流れで進められるのでしょうか。

具体的な手順は、下記のとおりです。

  1. エビデンスに基づく情報収集
  2. カテゴライズ
  3. 精査、解析
  4. テクニカルライティング
  5. 評価、改善

テクニカルライティングは、より深い専門的な知識があるだけでは不可能。正しい日本語を理解していることは必至ですが、何よりエビデンスに基づいた的確な文章を分かりやすくまとめなければなりません。

またカテゴリーによっては、専門家による評価や改善が求められることもあるため、日本語の使い方や伝え方など柔軟な対応が必要となるケースがあります。

まとめ:テクニカルライティングを実践しよう!

今回は、テクニカルライティングの特徴や業務内容、活用例などについて解説してきました。

資格制度も存在するため、取得を目指すことも可能。何より、その本質はビジネスで活かせる文書を書けるようになることです。

論文やカタログを作るまではいかなくても、日常のビジネスの中でも結構使える機会はあるかと思っています。

Wordやパワポでプレゼン資料を作る時にも曖昧な書き方ではなく、テクニカルライティングの技法を使えばグッと説得力を増す資料になることでしょう。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください