テールワードの概念とは?
ロングテールとの違いについて解説!

HOME
テールワードの概念とは?ロングテールとの違いについて解説!

テールワードという概念は、SEOにおいて重要な役割を担いますが実際、現場においてどのように取り扱えばよいのか分からない企業のWebマスターもいることでしょう。

本記事では、テールワードの概念や考え方、実践方法などについて解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

テールワードの概念とは?ロングテールとの違いについて解説!

テールワードは、SEO対策に取り入れられる概念の1つ。また、ロングテールキーワードとの違いについてもよく取りあげられています。

まずは、テールキーワードの概念について、詳しくみていきましょう。

 テールワードの概念

SEOにおけるテールワードとは、キーワード検索で「絞り込み」を行う際に活用する技術のこと。例えば、「ホームページ」という単体キーワードに付随して作成費用などの属性で検索したい場合、「ホームページ 作成 費用」で検索します。

ここでいう、「作成」「費用」がテールワードです。

つまり、主要キーワードに対してテール(Tail:尻尾)のように付随するキーワードのことをテールワードと呼ぶということ。この概念は、ロングテールキーワードと似ています。

 ロングテールキーワードとの違いは?

テールワードとロングテールキーワードの概念は似ており、同義として捉えられています。

しかし、その違いは明確で厳密にいえば、下記のような意味で異なるため注意しなければなりません。

  • テールワード:SEOの概念を超え、幅広い視野から絞り込む
  • ロングテールキーワード:SEO対策におけるキーワードの絞り込み

実は、テールワードはSEOだけの概念に留まりません。

例えば、「テール商品」と呼ばれるように、売れ筋商品以外を指す意味でも捉えられます。

つまり、ロングテールキーワードよりも幅広い視野を持つ概念を「テールワード」と呼ぶということです。

実践でテールワードを活用して成果に繋げるケースを紹介!

テールワードを実践的に活用し、成果に繋げるためには、正しく理解し上手く取り扱うことが重要。SEOに限定すれば、テールワードとロングテールキーワードに大きな違いはみられません。

それでは、企業におけるマーケティングSEOを実践する場合、テールワードはどのように活用すればよいのでしょうか。

結論からいえば、ロングテールキーワード戦略と手法は変わりません。

需要キーワードを絞り込み、丁寧にアプローチすることで成果に繋がることでしょう。

ロングテールについては、以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ、併せてご覧ください。

まとめ:テールワードでSEO対策を実践しよう!

今回は、テールワードの特徴や概念、活用方法などについて解説してきました。

SEOにおいてロングテールと似た概念を持ちますが、その視野の広さが異なるため、違いを理解することは重要。また、テールワードを実践で活用し、成果に繋げることは企業にとっても集客や売上を伸ばすきっかけとなることでしょう。

テールワードについてのご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください