MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

Webサイトをアクセスアップさせる方法は、
SEO対策が基本

HOME
Webサイトをアクセスアップさせる方法は、SEO対策が基本

Webサイトの運営をしていれば、誰もがアクセスアップさせたいと考えているはず。そもそもWebサイトを作成しても、アクセス数が少なければ収益に結びつきません。

度重なる検索エンジンのアップデートによって、検索順位に影響を受けた方もいることでしょう。また、これまでSEO対策で有効的な方法だったことが、逆に評価を下げる結果になる場合もあります。

本記事では、2021年で通用するWebサイトをアクセスアップさせる方法について解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

Webサイトをアクセスアップさせる3つの方法とは?

有効なWebサイトをアクセスアップさせる方法は、下記の3つが挙げられます。

  • SEO対策
  • SNS発信
  • メルマガ配信集客

それでは、詳しくみていきましょう。

SEO対策

主なWebサイトのアクセスアップに繋げることができる施策といえばSEO対策ですよね。

SEO対策によってWebサイトの評価が高くすることができ、検索エンジンの上位に表示させやすくなるでしょう。検索エンジンのユーザーは、上位表示されたWebサイトにアクセスする傾向があるため、アクセスアップに繋がりやすいといえます。 

SNS発信

SNSの発信はWebサイトのアクセスアップの有効的な手段の1つといえます。

SNSにはさまざまな種類がありますが、配信による集客効果が期待できるツールといえば、下記の3つ。

ただし、どのSNSツールを活用するのかによって集客できる年齢層やユーザーの特徴が異なりますので、ターゲットにマッチしたサービスを活用しましょう。

メルマガ配信集客

メルマガとは、企業やWebサイトの運営者などから複数の購読希望者に対して送るメールのこと。メールマガジンの略です。

一斉送信をすることで個人に直接届けることができるメルマガは、現代でもユーザーに対して直接情報が発信できる有効的なツールといえるでしょう。

また、メルマガのユーザーは、登録によってターゲティングが確立されていますので、集客しやすい傾向があります。さらに、顧客の属性やニーズに応じて情報の出し分けができるというメリットもあります。

WebサイトをアクセスアップしたいならSEO対策が基本!5つのポイントで解説!

Webサイトのアクセスアップを目的にSEO対策をする場合、ポイントは下記の5つ。2021年で有効な手段ですので、ぜひチェックしてください。

  • 読者満足度の高い記事内容
  • 潜在ニーズと顕在ニーズ
  • Webサイトのスピード
  • 内部リンクと外部リンク
  • 定期的なリライト

読者の満足度が高いページは、Googleなどの検索エンジンから高い評価を受けます。そのため、ユーザーの満足度の高い記事を増やすことが重要です。そもそも、読者満足度の高い記事の意味が分からない方もいることでしょう。それには、潜在ニーズと顕在ニーズが深く関わってきます。

  • 顕在ニーズ:知りたい情報や解決したいニーズ
  • 潜在ニーズ:自分でも把握していない潜在的なニーズ

検索順位を確認しながら、リライトして顕在ニーズと潜在ニーズを満たしたWebサイトを構築していきましょう。また、内部リンクと外部リンクを充実させることも、2021年ではアクセスアップに繋がる方法として有効です。

しかし、いかに読者満足度の高いWebサイトでも、表示されるまでのスピードが遅ければユーザーの離脱率が高まり、アクセスダウンに繋がってしまいます。

Webページの表示スピードが計測できるツール「PageSpeed Insights(https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja)」 を活用して、改善に努めてください。

まとめ:Webサイトのアクセスアップを図って収益化を目指そう!

Webサイトをアクセスアップさせて収益化に結びつけるためには、SEO対策は必須です。2021年では、度重なるGoogleなどの検索エンジンのアップデートにより、なかなか施策が上手くいかないこともあることでしょう。

Webサイトをアクセスアップさせる方法についてのご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください