MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

コアウェブバイタル(core web vitals)とは?
3つの指標について解説!

HOME
コアウェブバイタル(core web vitals)とは?3つの指標について解説!

GoogleによるWebサイトの新しいSEO評価指標が、2021年6月から導入されるという衝撃的な情報が発表されました。

  • コアウェブバイタル(core web vitals)
  • ページエクスペリエンスシグナル

これらのSEO評価に関する指標が、検索エンジンの評価項目として組み込まれるという内容ですが、具体的に何が変わるのか分からない方もいることでしょう。

コアウェブバイタル(core web vitals)の指標には、LCP、FID、CLSの3つが存在します。

本記事では、そんなコアウェブバイタル(core web vitals)の3つの指標について解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

ページエクスペリエンスについては、こちらの記事で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

「ページエクスペリエンスシグナルとは?検索順位への影響や対策を解説!」

コアウェブバイタル(core web vitals)の3つの指標とは?

冒頭でも触れましたが、コアウェブバイタル(core web vitals)には3つの指標が存在します。

  • LCP(Largest Contentful Paint)
  • FID(First Input Delay)
  • CLS(Cumulative Layout Shift)

まずは、コアウェブバイタル(core web vitals)とは何なのか?具体的にみていきましょう。

コアウェブバイタル(core web vitals)とは?

コアウェブバイタル(core web vitals)を理解するためには、ウェブバイタル(web vitals)という言葉について、まずは知っておかなければなりません。

ウェブバイタル(web vitals)とは、Webサイトを管理するうえでユーザーがより良い体験ができるよう定めた指針のこと。つまり、コアウェブバイタル(core web vitals)とは、ユーザー満足度を向上させるために、Webサイト管理者が取り組むべき優先度の高いSEO対策を定めた指針のことです。

ウェブバイタル(web vitals)について、Googleから公式発表されています。詳しく知りたい方は、こちら(https://web.dev/vitals/)をご覧ください。

コアウェブバイタル(core web vitals)の3つの指標

コアウェブバイタル(core web vitals)には、3つの指標が存在します。それぞれの指標について、詳しく解説していきます。

LCP|Webページの表示スピード

LCP(Largest Contentful Paint)とは、Webページを開いてコンテンツが表示されるまでの時間を評価する指標のこと。2.5秒以内を良好判定します。

FID|イベント時の反応速度

FID(First Input Delay)とは、リンクやボタンを選択した際の反応時間を評価する指標のこと。0.1秒以内を良好判定します。

CLS|Webサイトのレイアウト

CLS(Cumulative Layout Shift)とは、Webサイトの経済的損失を防止するためのレイアウトが施されているかを評価する指標のこと。例えば、商品の「購入ボタン」と「キャンセルボタン」が隣接して機会損失が発生する場合は、SEO評価としてよくありません。スコア0.1未満を良好判定しています。

コアウェブバイタル(core web vitals)のおすすめ測定ツールは?

コアウェブバイタル(core web vitals)のことが理解できたら、早速おすすめのツールで測定してみましょう。

ここでは、おすすめの測定ツールとその対策について解説しています。

【結論】おすすめツールは「PageSpeed Insights」

コアウェブバイタル(core web vitals)を測定できるおすすめツールといえば、ページスピードインサイト(PageSpeed Insights)です。

WebサイトのURLを入力するだけで、Webパフォーマンスを測定できる手軽さは、他ツールにはない魅力といえます。

⇒今すぐ「ページスピードインサイト(PageSpeed Insights)」で測定する

コアウェブバイタル(core web vitals)の対策方法とは?

コアウェブバイタル(core web vitals)の測定結果が、前述した目標数値を満たしていなかった場合は、SEO対策を見直さなければなりません。コアウェブバイタル(core web vitals)の改善に関する主なポイントは、下記の5つです。

  • メディア(画像)のサイズを改善
  • Webページを構築しているHTMLコードの最適化
  • イベント発生時のプログラミングの最適化
  • リンクの再配置
  • ボタンの設置場所

コアウェブバイタル(core web vitals)の測定結果によって、これらのポイントを押さえてSEO対策を行いましょう。

まとめ:コアウェブバイタル(core web vitals)だけに注力しないよう注意!

今回は、コアウェブバイタル(core web vitals)の3つの指標について解説してきました。

2021年以降のSEO対策では、コアウェブバイタル(core web vitals)の指標が検索エンジンの評価に組み込まれることがGoogleから公式発表されました。しかし、コアウェブバイタル(core web vitals)だけに注力することは、大変危険なことです。

その理由は、コアウェブバイタル(core web vitals)以外にも、SEOの評価項目は数百にも及んで存在するためです。

そのため、コアウェブバイタル(core web vitals)を意識しながらも、従来のSEO対策を怠らないよう心掛けましょう。

コアウェブバイタル(core web vitals)について、さらに詳しく知りたい方は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください