MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

【2021年6月最新】
コアウェブバイタル評価基準を徹底解説!

HOME
【2021年6月最新】コアウェブバイタル評価基準を徹底解説!

「自身のサイトを上位表示したい!」

コアウェブバイタルは、そのために必要な知識です。

結論からいえば、コアウェブバイタルのひとつひとつの評価が良好以上になることはありません。

そもそも、総合評価であることが前提。これからコアウェブバイタル対策を行うには、まず不良評価を無くすことが最優先であり、これからのSEO対策で必須となる知識です。

本記事では、コアウェブバイタルの評価基準をテーマに解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

コアウェブバイタル評価の3つの指標を詳しく解説!

コアウェブバイタルの評価基準を理解するためには、基本的な仕組みについて知っておく必要があります。

ここでは、Googleが定めたページを表示する速度に関連するコアウェブバイタルについてですが、基本的な3つの指標をまとめました。

  • LCP(Largest Contentful Paint):そのページの中心となる部分や伝えたい箇所が表示されるまでの速度
  • FID(First Input Delay):ページ内でクリックしたときなどが反映される速度
  • CLS(Cumulative Layout Shift):部分的に読み込みが遅くなり画像などが最初の位置からのズレた場合それを修正する速度

ユーザーが快適に使用しやすくするために、全てページ表示速度に関係することだと認識しましょう。

3つの指標については、こちら(↓)の記事で詳しく解説しています。併せてお読みください。

⇒コアウェブバイタル「コアウェブバイタル(core web vitals)とは?3つの指標について解説! 」

コアウェブバイタルの評価基準とは?

前項で触れた3つの指標がコアウェブバイタルの評価基準です。

LCP・FID・CLSのそれぞれで評価が行われ、数値で表すのではなく「不良」と「改善が必要」と「良好」の3段階となりそれぞれの指標の評価基準が存在します。

下表に、それぞれの評価基準値をまとめました。

良好改善が必要不良
LCP2.5秒以下4秒以下4秒以上
FID100ms以下300ms以下300ms以上
CLS0.1以下0.25以下0.25以上

数値化されているので分かりやすいですね。

上記の数値をしっかりと把握して、コアウェブバイタルの評価を高めたいものです。

しかし、数値に捉われ過ぎないように気をつけなければならないところもあります。

  • 良好以上の評価は存在しない
  • 3つの指標すべてが良好でなくてもOK

これら2つの注意点について、詳しくみていきましょう。

良好以上の評価は存在しない

前項で触れたとおり、コアウェブバイタルの評価において、3段階の「不良」と「改善が必要」と「良好」で評価されることはご理解いただけたことでしょう。

そこで、気をつけなければいけないポイントが、「良好以上の評価にはならない」ということです。

例えば、LCPの良好判定は2.5秒以下ですが、それを1秒以下に改善したとします。しかし、結果としては同じ良好判定として判断されるため、2.5秒でも1秒でも評価に変わりはありません。

つまり、良好判定の枠内であれば、同じ評価ということです。これが、4秒以上から1秒以下となれば不良から良好になるので評価が上がります。

良好判定になりさえすれば、それが1番良い判定という認識を持ちましょう。

3つの指標すべてが良好でなくてもOK

コアウェブバイタルの評価基準では、良好が1番良い判定ということではありません。3つの指標を合わせたときに、どのような評価になるかというところが重要なポイントです。

また、どれか1つの指標が不良判定になってしまえば、サイトそのものが不良判定になってしまうというわけではありません。

つまり、3つそれぞれの指標を合わせ、総合的に判断したものが基準とされます。

数値化した例を見てみましょう。良好を3点・改善が必要を2点・不良を1点とします。

  • LCPは良好:3点
  • FIDは改善が必要:2点
  • CLSが不良:1点

このような場合は、総合評価で6点の判定結果であることが分かります。9点が満点であるため、決して低い評価ではありませんよね。

しかし、他のサイトと差をつけるためには、全ての項目で良好をとった方がよいことも事実です。

まとめ|コアウェブバイタル評価の優先度を理解しよう!

今回は、コアウェブバイタルの評価基準を紹介しました。

これから、SEO対策で他のサイトよりも上位表示したいと思う方もいることでしょう。コアウェブバイタルでの評価指標が良好になれば、SEO評価も向上します。

現在、モバイル検索でしかコアウェブバイタルは取り入れられていませんが、今後はPC検索でも導入される可能性もあるため、これをきっかけに対策しましょう。

コアウェブバイタルの評価について不明な点があれば、ぜひノキボウ株式会社までご相談ください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください