MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

企業Webマスター必見!
ロングテールキーワードの選び方とは?

HOME
企業Webマスター必見!ロングテールキーワードの選び方とは?

企業に勤めるWebマスターのなかには、ロングテールキーワードの選び方について知りたいという方もいることでしょう。実際、トレンドとして認知され、時事的なコンテンツを制作したことによって、アクセス数が一過性に留まり激減するケースも珍しくありません。

本記事では、そんな企業担当者向けに、ロングテールキーワードの選び方を解説しています。

そもそもロングテールキーワードとは?分からない方は、こちらの記事からご覧ください。

ロングテールSEOとは?メリットや施策方法など解説!

ロングテールキーワードの選び方とは?3つのステップで解説!

ロングテールキーワードとは、検索数が1,000未満と少ないにもかかわらず、一定のCVR(成約率)が維持できる単語のこと。一般的には、2語キーワード以上の構成で成り立ちます。

また特徴として、一過性のトレンドでは終わらず、通年で一定のアクセス数を維持できるということが挙げられます。

そんなロングテールキーワードの選び方のポイントは、下記の3つ。ここでは、すでにテーマが決まっていることを前提として解説します。

  1. 月間平均検索数1,000PV未満のキーワードをピックアップする
  2. 検索意図に沿ってグループにまとめる
  3. 成果を出しやすいキーワードを選定する

それでは、詳しくみていきましょう。

ステップ①|キーワードのピックアップ

ロングテールキーワードの選び方のポイントとしては、原則として月間平均検索数が1,000PVを超えるようなミドルワードもしくはビッグワードを選んではいけません。

その理由は、アクセス数が大きいほど競合も大きく、長い期間上位表示を維持することが難しいため。ここでは、なるべくテーマに沿った競合性の低いキーワードを選びましょう。

ステップ②|グルーピング

同じような意味を持つロングテールキーワードが複数存在し、カニバリを防止するためにもグルーピングは重要です。

ここでの選び方のポイントとしては、同じ意味を持つロングテールキーワードは絞り、不要なコンテンツを制作しないための施策をすること。グルーピングで迷ったときは、テーマの方向性を再確認してください。

ステップ③|生産性の高いキーワード選定

ロングテールキーワードは、通年で一定のアクセス数を獲得することができます。

そして、生産性を維持しなければならないというプレッシャーから、選び方に慎重になる企業担当者も少なくありません。

実際の現場では、生産性があり、かつ企業方針に沿って優先度の高いキーワードを選ぶことが重要。企業にとっても将来性を担うことから、ここでの分析は必須です。

企業担当者必見!ロングテールキーワードの選び方に困ったときの対処法は?

企業としてSEO対策に取り組んでいる担当者も、ロングテールキーワードの選び方に困ることがあるかもしれません。

そのようなときの対処法として、テーマの方向性を再確認することはおすすめ。例えば、企業としてAという商品を販売しているなら、商品Aに属する業界をテーマにコンテンツを制作することは必須です。

具体的には、「〇〇(商品Aの業界)+〇〇」というキーワード構成で選びましょう。

しかし、これはロングテールキーワードの基礎ということもあり、企業サイトを運営しているWebマスターなら誰しもが理解している内容です。

実は、ロングテールキーワードの特徴として、「成約率の高さ」が挙げられます。つまり、ロングテールキーワードで上位表示すれば、成約されやすいということ。このことから、ロングテールキーワードの選び方で困ったときは、「〇〇(商品名)+〇〇」というキラーコンテンツ寄りに制作することもおすすめです。

まとめ:ロングテールキーワードの選び方で今後の展開が決まる!

今回は、ロングテールキーワードの選び方について解説してきました。

月間平均検索数が少なめでも、通年で一定のCVR(成約率)を維持できることから、企業にとっても生産性が担保できるメリットがあります。また、Webサイトの制作において、戦略的にロングテールキーワードを選ぶことは重要です。

ロングテールキーワードに関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください