MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

トンマナの意味とは?
ブランディングの成功事例とともに解説!

HOME
トンマナの意味とは?ブランディングの成功事例とともに解説!

ビジネスやwebマーケティングの場で使われる言葉「トンマナ」。トンマナは、企業のイメージやブランドに深く関わっている大事な要素の1つです。

本記事では、「トンマナ」についての意味やトンマナの考え方でブランディングに成功した事例の紹介をしていきます。

ぜひ、参考にしてください。

トンマナの意味とは?ブランディング成功例を紹介!

トンマナの意味とは「トーン」と「マナー」という言葉を繋げた造語のこと。トンマナを意識することで、実際にどのような効果があるのでしょうか。

ここでは、企業で導入し、トンマナによってブランディングに成功している事例についてみていきましょう。

トンマナの意味とは?

トンマナとは、「トーン」と「マナー」の2つの言葉を組み合わせた造語のこと。ここでのそれぞれの言葉の意味は、下記のとおり。

  • 「トーン」は色調
  • 「マナー」は様子・やり方

つまり、トンマナはビジネスやマーケティング、Webマーケティングに影響を与える要素の1つといえます。そのため、企業のイメージ戦略を考えるうえで、トンマナはうまく統一させていかなければなりません。

自社の企業カラーを、青色とした場合を例にみてみましょう。

その企業のホームページに、緑や赤を組み合わせた背景デザインやボタンを組み合わせたものにします。すると、「想像していた印象と違う」と多くの人は思うことでしょう。

このような例は極端ですが、トンマナは企業のコンセプトとデザインを統一させることで社会によいイメージを定着させることが重要なのです。

トンマナの統一でブランディングに成功した事例!

トンマナの意味が理解できたところで、実際にブランディングに成功した事例をみていきましょう。

トンマナを統一させることで、世間的には下記のように認知されます。

  • 「この企業はこんな色が思い浮かぶ」
  • 「〇色といったら、あの企業でしょ」
  • 「このデザインは、あの企業らしい」

例えば、飲料メーカーのコカ・コーラ社。コカ・コーラ社のイメージは、多くの方が赤いラベルやロゴを想像することでしょう。

かつてコーラは樽で運搬されていました。コカ・コーラ社はその運ぶ樽を赤色にすることで、誰が見ても「これはコカ・コーラ社の樽だな」と存在を認知させることに成功したのです。

このエピソードが、現在でもブランドのイメージとして定着しています。

このように、コカ・コーラジャンルは「樽に赤のカラーリング」をすることで、ブランディングに成功しました。

つまり、トンマナとはイメージカラーだけではありませんが、これらを統一することで顧客との接点を作ることが可能ということ。そして、トンマナの意味を深く理解することで、企業と顧客の接点であるUI(User Interface)や顧客が得られるUX(User Experience)をよりよいものにできるのです。

まとめ:トンマナの意味を理解して的確なブランディングをしよう!

今回は、トンマナの意味について解説してきました。

トンマナは、ビジネスの場においてのブランディングでとても大切な要素の1つ。Webサイトを作る際の見た目のイメージや商品のデザインなど、企業のコンセプトや社会に与える印象となるため、トンマナを統一させて行きましょう。

トンマナを決めるためのより詳しい観点は、こちらの記事でも解説しています。

⇒トンマナとは?意味と設計するための3つのポイントを紹介!

https://nokibou.jp/creative/2012010337/

トンマナの意味に関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください