MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

【マーケティング×行動心理学】
顧客を動かす3つのポイントを解説!

HOME
【マーケティング×行動心理学】顧客を動かす3つのポイントを解説!

マーケティングで成功するということは、企業の将来性が期待できるということ。そのなかで、顧客を動かす心理学を理解することは重要です。

本記事では、マーケティングと行動心理学との親和性について解説しています。また、顧客を動かす考え方として「ディドロ効果」「カリギュラ効果」「ザイオンス効果」の3つのポイントを紹介しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

マーケティングと行動心理学との親和性とは?

マーケティングを成功させるためには、行動心理学を理解して顧客を動かすことが重要です。

まずは、行動心理学とは何なのか?詳しくみていきましょう。

行動心理学とは?

行動心理学とは、ジョンワトソン氏(アメリカの心理学者)によって考案された学識のこと。人によって異なる行動パターンや仕草から心理を読み取り、規則性に基づいた方法でアプローチできることが特徴です。

もともと行動心理学は、「心理学×経済学」によって研究が進んできた歴史から、行動経済学とも親和性があるといわれています。

現代でも行動心理学と行動経済学の境界は曖昧ながらも、マーケティングとしての考え方の基礎となっています。

心理学がマーケティングに与える影響とは?

心理学がマーケティングに与える影響は大きく、ビジネスを成功させるきっかけとなるかもしれません。

心理学によって思考や行動パターンを理解すれば、マーケティングで成功しやすいです。人間の心理は目には見えませんが、マーケティングとして着目することで取引先との商談などをコントロールすることができるでしょう。

BtoBにおすすめ!マーケティングに活かせる行動心理学とは?

企業向けにビジネスを展開している場合、どのようなマーケティングを行えばよいのでしょうか。ここでは、BtoBビジネスにおすすめするマーケティングに活かせる行動心理学を3つ紹介します。

  • ディドロ効果
  • カリギュラ効果
  • ザイオンス効果

ディドロ効果とは、モノやサービスの一貫性を求めたくなる行動心理学のこと。シリーズ展開やブランディングが重要です。

また、カリギュラ効果とは、制限もしくは禁止されることで、より一層気になってしまう行動心理学のこと。企業のキャッチコピーや広告などで活用すると効果的です。

そして、ザイオンス効果とは、認知する回数が多いほど好感度が得られる行動心理学のこと。テレビコマーシャルやインターネット広告などで繰り返し宣伝されることで、企業としての好感度が上がりやすくなります。

まとめ:マーケティングで成功するためにも心理学を理解しよう!

今回は、企業がマーケティングで成功するための心理学について解説してきました。

マーケティングで成功するには、心理学を理解して顧客の行動を把握し、分析に基づいたビジネスを提供することが重要。そのなかで、顧客ニーズに応えながらコントロールしていくことも必要となってきます。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください