MENU
TOP
SERVICE
集客
制作
改善

Webページの表示速度を改善する方法は?
事例から徹底考察!

HOME
Webページの読み込み速度を改善する方法とは?事例から徹底考察!

Webページの読み込み速度を改善することは、ユーザーの離脱や直帰を防止することに繋がり、SEO対策としても有効です。

本記事では、Webページの読み込み速度を改善する方法について解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

Webページの読み込み速度とは?一般的な改善方法を紹介!

Webページの読み込み速度とは、デバイスでページが開くまでに要する時間から算出される速度のこと。具体的な算出方法を考える必要はなく、「PageSpeed Insights」で、手軽に指標が測れます。

Googleが提供しているサービスのため、検索エンジンとの互換性が高く、より正確に測定できるところが特徴的。現代では、読み込み速度の目安が3秒以内ともいわれており、長く時間がかかることでユーザーが離脱する恐れがあります。

それはつまり、見込み客を逃すことに繋がり、機会損失を被ります。

一般的な、Webページの読み込み速度を改善する方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

Webページの読み込み速度が改善した事例を紹介!

Webページの読み込み速度といえば、ページエクスペリエンスアップデートやコアウェブバイタルの指標としても用いられています。

ページエクスペリエンスやコアウェブバイタルについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

ここでは、実際に読み込み速度が改善した事例を2つ紹介しています。

  • サイト「アミジャット」
  • サイト「副業ノオト」

それでは、具体的にみていきましょう。

事例①|サイト「アミジャット」

サイト「アミジャット」が、ページ読み込み速度7秒から1秒に改善した事例を紹介します。

ページ読み込み速度の遅延について懸念を抱いていた担当者が、Webサイトリニューアルを機に大きな改善を試みました。

その内容は、下記の3つ。

  • ワードプレステーマの変更
  • プラグインの整理整頓
  • レンタルサーバーの見直し

そして具体的な改善内容といえば、ワードプレステーマを初期設定のまま使用していたとのことで、効率よくプログラムが回るテーマに変更したとのこと。また、使用していないプラグインの停止と削除を行ったところ、Webページの読み込み速度が改善したようでした。

さらに、レンタルサーバーを見直すことによって、さらに読み込み速度が向上。Webサイトの目的や目標に応じたツールやテーマを使用することの重要さに、気付かされました。

事例①|サイト「副業ノオト」

サイト「副業ノオト」がたった1つのワードプレスプラグインを導入しただけで、読み込み速度を-1秒改善した方法を紹介します。

導入したプラグインは「WP Fastest Cache」。サーバーに管理されているキャッシュを効率よく削除してくれるプラグインツールです。

導入方法は至ってシンプルで、ワードプレスにインストール後、有効化するのみ。手軽にWebページ読み込み速度の改善が見込めるため、おすすめの方法といえます。

まとめ:Webページの読み込み速度を改善しよう!

今回は、Webページの読み込み速度の改善方法について、実際の事例から考察してきました。

現在はコアウェブバイタルでも指標として取りあげられていることから、その重要性は高まっています。

ワードプレスならプラグインで対処できたり、テーマを変更したりすることで手軽に読み込み速度を改善できます。

Webページの読み込み速度の改善に関するご相談は、ぜひノキボウ株式会社までお問い合わせください。

Facebook
Twitter
CONTACT

ご不明点・ご質問がある方、施策にご興味がある方、自社の施策でご相談がある方など、お気軽にお問い合わせください